2018.6.1 12:00(1/2ページ)

デニス松下でも手軽にバスGET! 昨年10月にボート解禁、新スポット

デニス松下でも手軽にバスGET! 昨年10月にボート解禁、新スポット

子バスを釣ったデニス松下。ノーフィッシュの呪いから解き放たれた=千葉・戸面原ダム

子バスを釣ったデニス松下。ノーフィッシュの呪いから解き放たれた=千葉・戸面原ダム【拡大】

 【よしもと釣り部通信】ブラックバスのニュースポットが脚光を浴びている。ヘラブナ釣りで知られる千葉県富津市の戸面原ダムだ。昨年10月にボートでのバス釣りが解禁となり、ここ最近は50尾、50センチ超が出るなど数・型とも申し分なし。そこでデニス松下(34)らよしもと釣り部の芸人5人が、サンスポ推薦『ボートセンター』へ。ノーフィッシュとの“決別”を目指した。

 新しい釣り場とあって、テンションが上がります。同行はピスタチオ伊地知さん、ヒゲ・ハマナカさん、官兵衛伊藤さん、鬼越トマホーク金野。『ボートセンター』の相沢裕之店主にあいさつしていると、伊地知さんが「あれ? 俺ここ来たことある」。実は伊地知さんがダム巡りをしていた昨夏、ボートのバス釣りを解禁していないここにたどり着き、店主が丁寧に陸っぱりのポイントを教えてくれたそう。なんちゅうええ人や。

 手漕ぎボート1舟に1人乗り込んで午前6時半に出発。店主から渡された地図を見ると、釣果が上がっているポイントにわざわざ手書きでチェックを入れてくれてます。やっぱりええ人や。

 宝の地図を手にボートを漕ぎだし、まず驚いたのはボイルの多さ。小魚をバスがチェイス中です。金ちゃんはクランクベイト、伊藤さんはシャッドで子バスゲット。ワーム以外の巻き物系で釣れると本当にうれしい。

【続きを読む】

  • 戸面原ダムをエンジョイした(左から)金野、松下、ボートセンターの相沢夫妻、ハマナカ、伊地知(撮影・官兵衛伊藤)
  • 最大32センチ、5尾釣ったハマナカ。MVPです
今、あなたにオススメ
Recommended by