2018.5.18 05:03(1/2ページ)

【実戦】パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.(サミー)

【実戦】

パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.(サミー)

特集:
新台実戦
パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.

パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.【拡大】

 北斗の拳シリーズからは「将」以来のノーマルタイプにしてRT搭載の「パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.」が登場。BBやRBを問わず、全てのボーナスに100GのRT「転生の刻」がついてくる本機は、最適手順なら設定1でも機械割が100%に迫る甘さが魅力だ。実戦するのは、自分への甘さに定評のあるマリブ鈴木。果たして、マリブは言い訳せずに羅刹を制することができるのか!?

 「できることなら毎日勝ちたいし、毎日高設定を打ちたい!」

 多くのパチスロ打ちの理想であろう文言を実現するにはなかなか厳しい世の中ではありますが、ちょっとだけハードルを下げて「できるだけ負けたくない、お財布が昇天しない範囲で毎日打ちたい」とするならば、大変有利な台が出た気がします。

 そう、「北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.」は最適手順時のペイアウトが100%に近く(100%を超えるわけではない)、ボーナス後にRT(リプレイタイム)が100Gもある関係から交換ギャップのある地域でも持ちコイン比率が高め…こりゃ朝からガッツリいかなくても出玉の波をつかめば、ちょいの間で勝てる台なんじゃないかと。僕は甘さを検証するために、もう一度言います…台の甘さを検証するために、お昼過ぎにホールに到着。

 決して、五月病にやられて布団から動けずに遅刻したとか、寝坊したにも関わらずご飯をしっかり食べていて遅刻を上乗せ、といったことではありませんから…信じてください!って、ほら、1000円15Gで当りましたよ! そしてサクっと連チャンして持ちコインになりましたよ! ね? やっぱり甘いんですよぉ、そして遅刻じゃないんですよぉ。途中のハマりが多少コインを減らすものの、100GのRTが想像以上にスペックを甘くしていて、200G台でボーナスを引ければノンストレスな印象です。

 リールの出目も、北斗シリーズ好きが満足する秀逸なリーチ目が多数あるし、スイカやチャンス目からの重複に単独などの決まり手も多彩なので中チェ(往年のファンは2チェともいう)を待つだけのゲーム性になっていないのは、かなりの魅力ですね。

 RTは4種類の演出がありまして、完全告知になるカイオウが僕のオススメ。無演出からいきなりVの字が降臨する様は、完全に修羅の良い部分を再現していてシビれます。もしもお口に合わないようなら、いつでもボタンで変更可能なので気軽にお試しください。

【続きを読む】

  • 突七撃勝舞通常時に発生する青系ボーナス濃厚のカットイン演出。発生時は素直に狙ってみよう
  • ボーナス確定画面通常画面と異なり写真の特殊画面が出現した際はBB以上が濃厚となる
  • 羅刹ZONEレア役後の一部で移行し、勝舞数によって期待度が変化。7つだとその時点で!?
  • 突修羅バトル通常時に発生する神拳勝舞演出。対決相手で期待度が変化。名もなき修羅なら!?
  • RB中キャラ紹介バッドやファルコ、黒王号やラオウなど特定のキャラ出現で設定を示唆
  • パチスロ北斗の拳修羅の国篇羅刹ver.
  • トータルデータ
  • パチスロ北斗の拳修羅の国篇羅刹ver.実戦データ