2018.5.17 12:00

【竿々学々】夏ダコ”好スタート!東京湾、相模湾で2桁釣果も

【竿々学々】

夏ダコ”好スタート!東京湾、相模湾で2桁釣果も

特集:
竿々学々

 ――師匠、早くも“夏ダコ”がスタートしたそうですね。父から『好スタートを切った!』と聞きましたが、そうなんですか。

 「おお、さすがに父君、早耳ですな。その通りだ。今シーズンは東京湾と相模湾で4月末から乗合船が出始めたんだが、どちらも絶好のスタートを切った。とくに相模湾では2桁釣果も何回か記録される好調っぷりだ」

 ――2桁釣果ってすごいですね。型もいいんですか。

 「この時期には4キロ、5キロの大型はなかなか釣れないが、それでも相模湾、東京湾とも2~3キロ級が毎日のように顔を見せているからな。数、型ともに絶好調と言っていいんじゃないか」

 ――私、マダコと言えば東京湾のイメージがあるんですが、相模湾でも乗合船出しているんですね。

 「おお、関東近辺では、東京湾はもちろん、相模湾に茨城・常磐地区でも、毎年マダコの乗合船を出している。イカ釣りほどではないが、マニアックなファンも多い釣り物の一つだな」

 ――乗合船が出ているのは、どの辺の船宿さんなんですか。

 「相模湾も東京湾もまだ何軒かの船宿が乗合船を出しているだけで、東京湾は富津だけ、相模湾は佐島周辺の船宿だな」

 ――師匠御用達の浦安の船宿さんは、まだ出していないんですか。

 「あそこは、“夏ダコ”は毎年6月1日から出船と決まっているんだ」

 ――そうなんですか。

 「東京湾には、色々な“不文律”があってな、昔から富津の船宿だけは例外的に一足早くスタートできるってことになっているんだ」

 ――ああ、そう言えば父からもそんな話を聞いたことがあります。釣り船の世界には色々な決め事があるんですね。

 「まあ、そういうこっちゃ」

 ――それはともかく、楽しみですね。浦安からももうすぐ乗合船が出るんだし、ぜひ行きましょうね。

 「ああ、何といっても“東京湾の宝石”だからな。ウチのカミさんもマダコだけは、催促するからな。俺が大手を振って出掛けられる数少ない釣り物の一つだな」

 ――ハハハハッ、でも奥様の気持ちは分かります。あのタコを食べちゃったら、スーパーでおなじみの外国産のタコは食べられませんよ。

 「“夏ダコ”が好調ならば、肝心要の年末シーズンも期待ができるってことだからな。このまま夏まで好調に釣れてもらいたいものだ」

 ――そうですね。行く日が決まったら教えて下さい。私もお供しますから。

 「ああ、分かった」

今、あなたにオススメ
Recommended by