2018.5.9 12:02(1/2ページ)

カセでちょい投げキビレ 初心者、子供に超オススメ!/関西フィッシング

カセでちょい投げキビレ 初心者、子供に超オススメ!/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
武庫川河口のカセでキビレとのファイトを楽しんだ親谷記者。お子さんにもおすすめです

武庫川河口のカセでキビレとのファイトを楽しんだ親谷記者。お子さんにもおすすめです【拡大】

 兵庫・尼崎市の「武庫川渡船」が武庫川河口に設置しているカセで、キビレ(キチヌ)が好調に釣れている。阪神間の真ん中で気軽に行けて、良型のキビレやシーバスに出会える注目の釣り場。釣りを覚えた子供たちが初めて大物とファイトするのは、こういう場所がバッチリかも。本紙釣り担当の親谷誠司記者が、その釣れっぷりを確かめてきた。

 3本並べて置き竿にしていたバスロッドの1本がガタガタと暴れ、リールのドラグ(糸切れ防止機構)からジーッと糸が出ていった。

 アタリや! 竿を持っていかれないように手で押さえ、ドラグを締めるとしっかりアワセてハリ掛かりさせる。水深約3メートルと浅いので横によく走る。痛快な引き。これは楽しい。浅場だけにファイトは長引かない。すぐ銀色に輝く40センチ級の本命キビレが姿を見せた。

 武庫川の河口に、船をロープで固定したカセが一基。3月からの期間限定で、キビレ(キチヌ)とシーバス(スズキ)を狙う。カセは揺れが少なく足場が安定しているので、ルアーを投げまくるのもいいが、釣果優先ならおすすめはエサ釣り。カレイやチヌの特効エサとされるアオコガネを使った1本バリのテンビン仕掛けをちょい投げして置き竿で狙うやり方だ。

 仕掛けを10~15メートル投げられれば、専用竿である必要はない。柔らかめの投げ竿やバスロッド、エギングロッドなど何でもいい。磯竿でキビレとファイトすれば楽しいが、狭いカセの上ということを考えると短い竿の方が取り回しがいいだろう。

 今回は、以前アジングに使ったバスロッドにPE0・3号の細いラインのセットをそのまま使用した。小さなキス用テンビンに6号のタル型オモリという軽い仕掛け。エサのアオコガネの“首の下”あたりにハリを刺し、軽く投げてオモリの着底を確認したら、ハリスを底に真っすぐはわせるイメージで少しラインを巻き、あとは待つだけ。簡単でしょ?

 武庫川は大河ではないが、河口付近は眺めが雄大で流れもゆるやか。広々とした水面では、ボラがあちこちでジャンプしている。面白いことに、キビレのアタリが出るのはボラが盛んにジャンプしている時が多い。魚の活性が上がるタイミングは同じということだ。

【続きを読む】

  • シーバスも楽しめる
  • 小舟で数分
  • 「武庫川渡船BBQ広場」に新設された屋外エリア
  • ちょい投げ仕掛け
  • 武庫川渡船