2018.4.25 12:02(1/2ページ)

富士山の前で乗っ込み大型狙え コマセで勝負だマダイ

富士山の前で乗っ込み大型狙え コマセで勝負だマダイ

寿浦太朗さんは午後船で2・5キロのマダイをゲット。粘り勝ちです=駿河湾・沼津沖

寿浦太朗さんは午後船で2・5キロのマダイをゲット。粘り勝ちです=駿河湾・沼津沖【拡大】

 いよいよ乗っ込みの盛期に突入したマダイ釣り。この時期、マダイは産卵のため浅場に乗っ込んで来る。静岡県沼津市・沼津我入道『勘七丸』では、半日で3、4尾の好釣果が出ている。型も4.5キロなど、これぞ乗っ込みという良型も出現している。日本一の富士山をめでながら、“魚の王様”をコマセ釣りで狙った。

 午前5時30分の竿入れより15分早く、沼津沖のポイントに到着した。眼前にそびえる富士山に、胸が高まる。定刻になり「タナ30メートルです。どうぞ」と芹沢潤二船長が開始を告げた。ハリスが10メートルと長いため、ビシから投入。タナにハリス分を足した深さまでビシを落とし、軽くコマセをまいて指示ダナへ。コマセワークの“チーム船”。指示ダナ厳守が、攻略への第一歩だ。

 誘いを入れると、小型のマダイが先に反応して逆効果。置き竿でビッグ狙いだ。しかし潮が流れていないのか、回収したビシにコマセが半分残っている。隣の寿浦太朗さん(53、静岡県小山町)も「コマセが流れ出ず、付け餌と同調しない状態だね」と苦笑い。さらに「魚は餌を食べるから、道具よりも餌付けが大事」とアドバイスをもらった。沖アミは黒目が残ったものを選び、ハリはまっすぐ腹側に刺す。

 8時、タナ10メートルの浅場へ。右舷ミヨシの坂本茂樹さん(62、沼津市)が「何十年と通っているけど、こんなこと初めて」と首をかしげるほど、テンヤ釣り2人を含めた7人にアタリがない。1時間半後、タナ45メートルに移動。「来たよ!」と船長。坂本さんの竿に“グングン”と反応。海面に赤い魚体が見えた。船長夫人の香代子さんが玉網を出す。ようやくマダイが登場した。「オデコだと、うちの奥さんに釣りじゃないと疑われたよ」と坂本さん。800グラム、全長38センチ。俗に“目の下1尺”といわれ、刺し身にすると皮も軟らかく最高に美味なサイズだ。

【続きを読む】

  • 船宿常連の坂本茂樹さんは、800グラムのマダイをゲット
  • 見えたぞ。船長夫人の香代子さんが玉網でキャッチ
  • 富士山を見ながらマダイ釣り。何とも風流
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by