2018.4.18 12:01(1/2ページ)

カサゴでっぷり回復!産卵明けの“尺”狙い 強風避けて釣果上々

カサゴでっぷり回復!産卵明けの“尺”狙い 強風避けて釣果上々

良型のカサゴをゲット。産卵明けの大型を狙おう=東京湾・竹岡沖

良型のカサゴをゲット。産卵明けの大型を狙おう=東京湾・竹岡沖【拡大】

 春の嵐が吹きやまない。釣りに出られる日がなかなか見つからない。そんな思案中、東京湾で絶好の釣り物があった。カサゴだ。神奈川県横須賀市・鴨居大室『五郎丸』は午前釣りなので午後からの時間も有意義に使える。カサゴは冬場に産卵をし、これから体力回復のため食い活発になる。食べても刺し身や煮付け、唐揚げなどオールマイティーに楽しめるのもうれしい。早速、お手軽フィッシングへ出掛けた。

 予想以上に南風とウネリがあった。現在のメインポイントである竹岡沖へ船を進めたが、風裏となる観音崎沖へ進路を変えた。「水深18メートルです。どうぞ」。福本清行船長から開始の合図。風裏はナギており、潮も速くないので釣りやすい。着底し、そっときき上げるといきなりフッキング。小ぶりの14、15センチのカサゴが釣れた。幸先いいぞ。次も着底と同時にコンコンのアタリ。同型だ。あっという間に5尾。しかし船長が移動を告げる。大型を釣らせたいと我慢できない様子だ。

 竹岡沖に到着。水深は同じくらい。着底してからきき上げる。船の揺れが大きくオモリを底に置いておくのが難しい。オモリが浮くとカサゴは食ってこない。仕掛けをはわせるくらいの気持ちで道糸を調整する。たまにコツとアタリはあるが、掛からない。餌をチェックするとボロボロ。正体はベラだった。

 船長は移動を告げ、水深25メートルへ。数回底を叩くような感じでアタリを取っているとゴンゴンッと強いアタリが来た。きき上げると、竿が弓なりに。リールのハンドルが回らない。尺カサゴ? 首を振って暴れるように引き込む。そんなときは巻き上げず、テンションを掛けながら耐え、抵抗がなくなったら巻く。姿が見えた。大きな口を開けた立派な本命だ。計測すると27センチ。でっぷりとした良型に満足だ。

【続きを読む】

  • こちらも良型。笑みがこぼれます
  • ヒット!良型は暴れるように引き込む
  • 大きな口を開けて、海面を割った