2018.4.5 12:00(1/2ページ)

キンメ&クロムツ両雄連なる 三浦半島・城ケ島沖、深場の釣りの入門編だ

キンメ&クロムツ両雄連なる 三浦半島・城ケ島沖、深場の釣りの入門編だ

左手に30センチのキンメ、右手に同型のクロムツ。高級魚のダブルに笑いが止まりません=三浦半島・城ケ島沖

左手に30センチのキンメ、右手に同型のクロムツ。高級魚のダブルに笑いが止まりません=三浦半島・城ケ島沖【拡大】

 フレッシュマンが街にあふれるこの季節は、新しいことにチャレンジする好機。そこで深場の釣りに初挑戦だ。城ケ島沖のキンメ&クロムツ釣りは、水深250~350メートルで入門にぴったり。しかも美味な高級魚だから、モチベーションも上がる。神奈川県三浦市・三崎『佐円丸』で、岩浦一夫船長にマンツーマン指導を受けた。

 ゆっくり走って航程30分の城ケ島沖のポイントに着いた。午前7時、船長が「やりましょうか」と声を掛けてくれた瞬間だ。北東強風が強襲、7本バリ全てがマグネットから外れてしまう。通常片舷3人以上なら、前から順番にオモリを投入。今回は私だけ。仕掛けを左舷いっぱいに伸ばし、ハリスを持って1ハリずつ海中へ送り出した。

 水深250~350メートルという未知の世界。潮の流れが速いが、オモリが底をキープするように心掛ける。10分後、巻き上げの指示が出た。リールは中速で1メートル約1秒。300メートルでは5分ほど掛かる。ドキドキするには十分な時間。シロムツのダブルでスタートだ。

 船長はとても親切。ウネリで船酔いに苦しんでいると「大丈夫かい」と背中をさすってくれる。そんな中、2投目はギンメダイ。「キンがいいですぅ」と古い流行語を思い出していると、次投の8時30分。竿先が、かすかに“クン”。船が上下動しているにも関わらず、「アタったね」と船長。正体は40センチのクロムツだ。今やアカムツと並ぶ高級魚。癖がない分、キンメよりもおいしいという人もいるほど。

【続きを読む】

  • キンメ4尾とクロムツ6尾に大満足!中央上部はシロムツ2尾=三浦半島・城ケ島沖
  • 巻き上げ音を聞きつけた海鳥が“おこぼれ”の餌を狙いに来た
  • 岩浦一夫船長(左)と“甥っ子”の柳下昌則店主。2人とも丁寧に指導してくれます
  • キンメのネギマ
  • 当日の仕掛け