2018.4.4 12:01(1/2ページ)

マダイ乗っ込みビッグチャンス! 鹿嶋『幸栄丸本家』でターム大会スタート

マダイ乗っ込みビッグチャンス! 鹿嶋『幸栄丸本家』でターム大会スタート

婚姻色が出て黒ずんだ3・7キロのマダイ。乗っ込みの迫力満点だ=茨城・鹿嶋沖

婚姻色が出て黒ずんだ3・7キロのマダイ。乗っ込みの迫力満点だ=茨城・鹿嶋沖【拡大】

 「サンスポフィッシング・チャレンジ2018」のターム大会が、茨城県鹿嶋市・鹿嶋『幸栄丸本家』でマダイを対象に28日、スタートする。大会は最大型1尾の重量制。乗っ込みも始まり、良型が産卵のため浅場へ移動するこの時期が最大のチャンスだ。ひとつテンヤをはじめ、タイラバ、ジギングでもOK。強烈な引きを好みの釣り方で味わおう。

 ★状況

 ポイントは鹿嶋沖の水深25~30メートル。マダイは浅場へ移動し始め、2~3キロ級がコンスタントに釣れている。餌のイワシが鹿嶋沖に入ってきたとの情報もあり、今後も期待大だ。

 ★小野馨船長の必釣法

 「大事なのは、必ず底ダチを取ること。着底したら根掛かりを避けるのと誘いの意味でシャクリ上げます。高活性時は、テンヤが落ちている最中にもアタリがあるので、竿先を注視してください。低活性時は、着底したら動かさずアタリを待つ。マダイの歯は硬いのでしっかり合わせて。タイラバやジグに反応する場合もあり、大会での使用もOK。浮いた反応を探れますよ」

【続きを読む】

  • 小型でもマダイはマダイ。うれしいネ!
  • ベタナギの中、釣り人はそれぞれの釣り方で大ダイに挑んだ=茨城・鹿嶋沖
  • ジグやタイラバも用意して釣り方に幅を持たせよう
  • エビ餌はまっすぐになるように付け、孫バリは頭に刺す