2018.3.22 12:00(1/2ページ)

ぜいたくレーダー発動!!連日オデコ出していない“めでタイ”情報ゲット マダイ、乗っ込み前の安定期

ぜいたくレーダー発動!!連日オデコ出していない“めでタイ”情報ゲット マダイ、乗っ込み前の安定期

めで“タイ”船中第1号のマダイ。海からのコールが止まりません=東京湾・久里浜沖

めで“タイ”船中第1号のマダイ。海からのコールが止まりません=東京湾・久里浜沖【拡大】

 料理と釣果、ダブルの“おいしい”を手に入れようと、ぜいたくレーダーを発動してみれば…ありました! 東京湾のマダイです。乗っ込み前で小型ながらも安定。横浜市・金沢八景『米元釣船店』では、連日オデコを出していない“めでタイ”情報が。これは黙っていられない。高級食材をゲットしに、コマセマダイに釣戦です!!

 竿先とにらめっこすること2時間半、なかなか勝負がつきません。「昨日の午後バタバタ釣れた場所なんだけどな~」と米元正船長は不安の色を隠せません。殺気めいた私にマダイも警戒中なのかしら!?

 初挑戦のコマセマダイ。10メートルの長いハリスをどう扱うか。不器用な女ですから、きっと惨劇が待っている。しかーし、そんな悩みもズバッと解決だ!! 船長が1から10まで教えてくれる操舵室前の“特等席”を予約して確保。向かった久里浜沖でゴーサインです。

 早速、レッスン開始。まずは目が2つとヒゲの付いた体格の良いエビ餌を選定。つまり、マダイの誘惑作戦にはカッコイイエビくんが勝負の決め手だ。 尾を取り、背に沿ってハリを刺し、腹側にエビがまっすぐなるよう突き通す。コマセを半分詰めてビシカゴから投入し、ハリスを送り込む。指示ダナより5メートル深く落とし1回、2メートル巻き2回目とコマセを振り、3メートル巻いて待つ。これを5分目安に繰り返すのが基本の動作。落ちてきた仕掛けに反応することもあるので手で2メートル送り込むのも効果的だ。

 理想の投入がなかなか難しい。そこで船長から「ハリスはギュッと握らず、手に置く程度で。餌は船縁に置くとスムーズに下りていくよ」と金言いただき!! 春のポカポカ陽気の中、置き竿にして景色を楽しんでいると「アタッてる」と船長。竿先に目をやるとグングンと待望のアタリ。浮いた400グラムの本命は“めでタイ”船中1尾目だ。

【続きを読む】

  • 「釣果はお任せください」。米元正船長が操舵室前の“特等席”で釣り方指導してくれます
  • 背に沿わせてエビがまっすぐになるように。釣果につながる大事な作業です
  • 米元流マダイの煮付け
  • マダイの血抜き
今、あなたにオススメ
Recommended by