2018.2.9 12:00(1/2ページ)

【女子のミカタ】“ムズおも”落ちギスほっぺた落ちる

【女子のミカタ】

“ムズおも”落ちギスほっぺた落ちる

この透き通ったシロギスにほれぼれします? ムズおもゲームはまだまだ修業が必要!?=東京湾・小柴沖

この透き通ったシロギスにほれぼれします? ムズおもゲームはまだまだ修業が必要!?=東京湾・小柴沖【拡大】

 横浜市・金沢漁港で2月25日、「金沢漁港 海産物フェスタ」が開催される。生のり味噌汁無料配布(先着2000人)などのイベントをはじめ、グルメブースも登場し、同漁港『進丸』が手掛ける絶品“キスの天ぷら”は行列ができるほど人気。一足先においしいシロギスを味わいた~いと、『進丸』の午前船に乗り、“ムズおもしろい”ゲームに挑戦です!!

 「人間と同じで1度下がるだけでキスも元気がなくなっちゃうんです」と川島正船長。ここ最近の冷え込みで誘っても振り向かせるのは“ムズ”かしい。しかし、横では常連の坂本浩一さん(48、横浜市)がコンスタントに釣り上げる。「ゼロから少しマイナスのテンションを保ち、たまに大きな誘いを入れるのが大事だよ」とのアドバイスで私にもチョンチョンとアタリが。“ムズおも”の真骨頂、食い込むまでが“おも”しろい。キスのお食事タイムのペースにすこーし間を置き、スーッと合わせる。掛かった。晴天の空に透き通った魚体、まるで天使みたいな本命です♪

 『進丸』では脂の乗った落ちギスの天ぷらを1尾200円で販売。調理するのは、この日16尾でトップの坂本さんだ。元料理人とあって味は保証付き。昨年は500食を売り上げた。同宿では前日の24日限定、その日釣った全てのお魚を提供してくれる釣り人には通常7500円のショート乗船料を4000円に。釣れた魚は25日お魚販売コーナーで販売される。

 フェスタは午前9時から午後2時まで。体験型イベントの生わかめのつかみ取り(500円)は同漁港『蒲谷丸』の蒲谷政徳船長が収穫したもので、八景島周辺遊覧船(300円)は野島夕照橋『新修丸』が担当。威勢の良い大漁旗で活気あふれる金沢漁港で、皆様の来場をお待ちしています。 (川目梢)

【続きを読む】

  • 両サイドは川島正船長と女将のマリ子さん。真ん中で巨大な獲れたてわかめを持つのは『蒲谷丸』蒲谷政徳船長。皆さんの来場お待ちしてま~す!!
今、あなたにオススメ
Recommended by