2018.1.5 12:00(1/2ページ)

【ヘラブナ】オダ釣り40センチ超え狙え! 1時間を目安…こまめに移動を

【ヘラブナ】

オダ釣り40センチ超え狙え! 1時間を目安…こまめに移動を

手賀沼

手賀沼【拡大】

 千葉県我孫子市の北部手賀沼にあるサンスポ推薦『湖上園』のオダ釣り。狙いは、障害物に身を潜める警戒心の強い40センチ超の巨ベラだ。その1枚を釣るために、ファンは一喜一憂する。年末休暇を利用して出掛けてみた。

 ★概況

 『湖上園』のオダ場は、東西10メートル間隔21列、南北4メートル間隔17列に杭を打った広大なもの。ここに丸太や竹など240個のオダを投入。これらがヘラブナの越冬場所になる。

 今季は寒波の到来が早く期待が持たれたが、この1カ月間はアタリが少ない状況。それでも例年1月から2月に最大型が釣れているので、これからがチャンスだ。

 ★釣り方

 底釣り。オダに絡んでいるヘラを狙うことから、餌打ち数投で釣れることも多い。そのため1カ所に固執することなく、こまめに移動するのがカギ。アタリがなければ餌打ち点を変えるなど、1時間を目安に移動する。

 ★仕掛けと餌

 巨ベラ狙いのため、仕掛けは通常よりワンランク太め。またオダへの掛かりも考慮して、予備のハリは多めに用意。餌は両グルテン。

 ★実釣

 午前7時30分。5番オダ中央の東向きに入る。13尺竿でタナは約2・2メートル。オダの状況を確認するため、餌打ち地点周辺を丹念に探る。風もなく、かすかなアタリでも見える。40分後。2節馴染んだウキがあおられながら1節サワリ返した。息を止めてウキを凝視。同時に右腕に力が入る。“チクッ”。鋭く半節入った。“ガッツーン”。手応え十分。一気に突っ走ったかと思えば、今度はボートの下に一直線。何度も反転されながら、慎重に取り込んだのはジャスト40センチ。幸先良いスタートだ。しかし、その後1時間アタリなし。そこで6番、4番と移動を繰り返すが、ここでもアタリはない。これが野ベラ相手の難しさだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by