2017.11.22 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】“タコ”覚悟も最後にクリーンヒット連発

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

“タコ”覚悟も最後にクリーンヒット連発

松本ひでお氏

松本ひでお氏【拡大】

 プロ野球の世界では、バッターがノーヒットで終わることをタコといいます。4打数0安打なら4タコ。これで5打席目に1本ヒットが出るかどうかは大違い。釣りも同じですね。

 今回はおなじみ「葉山釣具センター」でボート釣りをしました。「イナダとヒラソウダが出てますよ。ただしフグが邪魔だけどね」と店長。水深26メートルでコマセ釣りですが、まさしく店長の言葉通り、海上で何回ハリを結んだことか。おまけに小さくアタリがあるのは、マダイの子供ばかり…。チャリコって呼ぶんですよね。これではどんなに前に突き出して写真を撮ってもごまかせません(汗)。

 でも最後に立て続けに山場が来ました。間欠泉のように時折ガーンとファイトしたのは35センチのヒラソウダ。続けて、ガツガツと力強い引きを堪能させてくれたのは40センチのイナダです。あとにも先にも、ピークはこのときだけでした…。

 でも店で言われた通りの2種類を確かに釣りましたから。1と0では大違いです!(フリーアナウンサー)

今、あなたにオススメ
Recommended by