2017.10.24 12:00(1/3ページ)

高級魚のオールスター! 外房・小湊沖で秋の青物祭り

高級魚のオールスター! 外房・小湊沖で秋の青物祭り

大トリで上がった3.2キロのヒラマサ。小雨の中でも気分爽快です

大トリで上がった3.2キロのヒラマサ。小雨の中でも気分爽快です【拡大】

 外房・小湊沖で秋の青物五目が激アツだ。ターゲットはカンパチ、シマアジやヒラマサなど、高級魚のオールスターがズラリと並ぶ。日によって主役が入れ替わる、何ともぜいたくな五目釣りが展開中だ。釣り方もコマセシャクリからカッタクリ、イワシの泳がせと多彩。千葉県鴨川市・天津小湊『寿々木丸』で秋の青物祭り。きょうの主役は誰だ!?

 秋の長雨、天気予報は連日の雨マーク。小雨まじりだが、好機を逃すまいと14人の釣り人が集まった。港から約10分の近場でスタート。まずはシマアジの様子を見る。「底からコマセを撒きながら10メートルぐらいシャクリ上げて」と鈴木達也船長のアナウンス。早々と船中第1号で竿を曲げたのは鈴木孝雄さん(61、君津市)だ。40センチ前後のカンパチを引き抜いた。早速の青物登場に気合が入る。しかし後が続かず、餌取りに苦戦だ。

 シマアジはご機嫌斜めと見た船長は「カンパチを狙います。カッタクリの用意をしてください。泳がせもやっていいですよ」と移動の判断。これが功を奏した。15メートルまで落として海面までシャクリ上げる。海面まであと3メートルでガシッと止められた。竿が突き刺さる。竿の弾力でこらえつつ巻き上げる。ビシが見えた。ビシをつかむのにひと苦労するほどの元気印はキロ未満のカンパチ。小さくても力強さはさすがのザ・青物だ。

【続きを読む】

  • 朝イチのカンパチから高級魚ラッシュが始まった
  • 高級魚ヒラメも来た
  • 各々の釣り方でアタック。陸地が見える近場で高級五目だ
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by