2017.10.4 12:00(1/2ページ)

村西アナ、初挑戦!!磯エギングでアオリイカ仕留めた/関西フィッシング

村西アナ、初挑戦!!磯エギングでアオリイカ仕留めた/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
村西利恵アナのエギにヒット。釣ったばかりのアオリイカは透き通ってなんともキレイ

村西利恵アナのエギにヒット。釣ったばかりのアオリイカは透き通ってなんともキレイ【拡大】

 関西きっての美人アナ、カンテレの村西利恵アナウンサーが、さまざまな釣りの楽しさを伝える連載「村西アナの釣り女にア~ナりたい」。今回は数釣りの季節を迎えたアオリイカを、中紀の磯からエギングで狙った。和歌山・由良町神谷の「佐知丸」(中野貴昭船長)で、沖の蟻島(ありしま)へ。探検隊のようにあちこち歩き回りながら、初めての磯釣りを楽しんだ。

 こんにちは! すっかり秋めいてきた9月末、初めての釣りを体験してきました。普段このコラム取材では乗合船での海釣りに出かけることが多いのですが、今回は船は船でも渡し船! 新子の季節が始まったアオリイカを狙っての「磯釣り」に挑戦です。

 とはいえこの磯釣り、一度渡ってしまうとそこで数時間、日よけもなければトイレもない、釣り女子にはなかなかハードルの高いシチュエーション。足をけがしないための長靴や日焼け止めなど、陸でできる準備は念入りに、まだ薄暗い朝5時、神谷漁港から佐知丸さんに乗船です。

 この日は常連さんが多く、皆さんはイシダイ狙いとのこと。ポイントは船で走って10分ほどのところにある蟻島という無人島で、桟橋はありません。ゴツゴツした岩場に、タイヤを付けた舳先を直接押し当てて、その隙に全ての荷物を持って素早く渡ります。

 1番目、2番目のポイントと順々に巡っていきますが、磯釣り初心者の私には暗がりに浮かぶ崖のような岩場が、野生のヤギがなんとか登っていけるぐらいの細さと険しさに見えます。

 軽々と渡っていく常連さんの背中をハラハラして見つめながら、「どんなところに降ろされるんだろう」と緊張していたら、私の降りる番に。幸い「しもうら(下浦)」というアオリイカのポイントは比較的フラットな低めの磯で、ホッとしながら飛び移りました。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by