2017.10.2 05:00

【甘口辛口】民進党リベラル系の「排除」でますます混迷…信条を貫き無所属で出馬するのもまっとうな姿

【甘口辛口】

民進党リベラル系の「排除」でますます混迷…信条を貫き無所属で出馬するのもまっとうな姿

■10月2日

 「排除」という強い言葉で希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が、民進党リベラル系の合流に「NO」を突き付けた。これには「希望者全員合流」を期待していた民進党内や支持組織の連合などから不満が噴出している。公認がもらえず排除されるリベラル派による新党結成の動きが加速したとかで、ますます混迷化してきた。

 「排除だ、選別だとは酷だ」と、リベラル派からはしたたかに事を進める小池氏への恨みつらみが聞こえてくる。しかし、元はといえば民進は保守系6、革新系4の割合といわれて右も左も抱えたバラバラな党。何も決められない党で有名だったことは忘れたのか。

 新党がいきなり党内野党を抱えるのは新築の家に“シロアリ”が入り込むようなもの。結婚するとき相手の身上や思想を細かく調べるのと同じで、小池氏にいわせれば合流相手の思想、信条、理念を調べ上げるのは当然だろう。かつて小泉純一郎元首相が構造改革に反対する者を「抵抗勢力」とした同じ手法をとろうとしているのかもしれない。

 右往左往する議員の中で論客で知られる辻元清美幹事長代行は「ぶれたくない。私は(希望に)いかない」と表明。自分の政治人生を希望という相手任せにせず、信条を貫いて無所属での出馬を決めた。これが政治家としての真っ当な姿ではないのか。彼女のことだから、恨みを新たなエネルギーにするつもりかもしれない。

 希望の党は、2日にも結党メンバーや政治塾生ら50人以上の1次公認を発表するという。この人たちが“本家”であとは外様か。信条を曲げて外様に名を連ねても自己保身以外の何物でもない。国民にも失礼であることをお忘れなく…。 (今村忠)

今、あなたにオススメ
Recommended by