2017.9.20 12:00(1/2ページ)

ヤリイカ躍れ! ウブなサイズでもきりきり舞い!?

ヤリイカ躍れ! ウブなサイズでもきりきり舞い!?

27、28センチの良型のヤリイカ。服装はスルメ釣りでも正真正銘のヤリです=三浦半島・城ケ島沖

27、28センチの良型のヤリイカ。服装はスルメ釣りでも正真正銘のヤリです=三浦半島・城ケ島沖【拡大】

 ヤリイカが姿を見せた。三浦半島・城ケ島沖周辺ではかわいいサイズが躍っている。スルメでいえばムギイカ&ニセイカクラスで、その身は軟らかく、甘みがあって格別だ。“グルメヤリ”を求めて神奈川県横須賀市・長井『徳丸』へ。はしりの小型中心だけにウブかと思ったら、釣り人をきりきり舞いさせる遺伝子は受け継がれていた。

 潮の流れが速い。“ぶっ飛び”状態だ。「速い流れに乗ってあっという間にイカが消える」と秋本徹船長。それでも城ケ島沖は、それまでの西沖よりはまだましだ。「水深140メートル。底付近を探って」の指示が出た。糸フケを取り、素早く1メートル上げ、竿先を小さく2度3度と上下させて誘い、ピタッと止める。反応はない。また1メートル上げ、同じ動作を繰り返す。グッグッ。「きた!」。ゆっくり、大きく竿先を振り上げる。確かな重さ。巻き上げに入ると、時折ググッの引き。午前9時すぎ。23、24センチがダブルで浮き、3尾目もすぐにきた。これで好転かと誰もが思った。

 しかし「サバだ」。これは想定内で根気よく対応する。「サメだ」。これは想定外。船の周りを悠々と泳ぎ回り、獲物を狙っている。3人、4人と被害に遭った。そこで肝心のヤリが気分を害した。誘うとチョンチョンと竿先にアタリが出るが、きき合わせる間もなくいなくなる。親イカ並みの逃走術だ。

 「ミヨシが両方ノせたよ」と船長の声が弾んだ。負の連鎖が続く中、2人が同時に竿を曲げた。最初に取り込んだのは左舷の柴田保敏さん(66、狭山市)で23、24センチのダブル。すぐに右舷の原口俊成さん(55、豊島区)が取り込む。27、28センチの良型だ。「きょうはやたらと難しい」と言いながらも竿頭の常連は確かなウデを披露した。

 残り1時間。7組目の最後の仕掛けのツノ数が、サメに3本ツノスをちぎられ4本になった。「底を攻めるだけ。何とかなるさ」と開き直った。面白いものだ。水深110メートルでダブル、130メートルで8尾目、115メートルで2尾追加して計10尾でフィニッシュ。トップは柴田さんの14尾。群れが濃くても状況次第で成績にムラが出るのはイカ釣りの特徴。まして、この日のような“三重苦”では仕方ない。いい日、悪い日を繰り返しながら、冬場のクライマックスへ加速していく。 (田中博典)

【続きを読む】

  • ダブル!ベテランのウデが冴える
  • “若イカ”とも呼ばれるサイズ。おいしさは格別だ
  • 標準の仕掛け
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by