2017.9.19 12:00(1/2ページ)

イイダコ開幕!ファミリーに優しい遊び相手と秋を楽しもう

イイダコ開幕!ファミリーに優しい遊び相手と秋を楽しもう

出かけた日は潮況に恵まれなったが、ボツボツとアタってきた

出かけた日は潮況に恵まれなったが、ボツボツとアタってきた【拡大】

 コヅキのリズムで東京湾の“可愛イイダコ”を躍らせよう! 今季も千葉県浦安市・浦安『吉野屋』のイイダコ乗合がスタート。数釣りを極めようと思えば果てない奥深さだが、実はファミリーにも優しい遊び相手。今回は青山隆雄船長と秋の一日を楽しむコツをガイドしよう。

 ★これから本格化

 釣り場は盤洲~木更津沖の水深2~10メートル。出かけた日は潮況に恵まれなったが、ボツボツとアタって、トップ25尾は2人。潮が澄んだ一瞬には4人同時ヒットも見られ、最大15センチ前後も出た。船長は「数は例年並み。涼しくなって潮況が安定すれば、釣果も上向きそう。おいしいイイダコはファミリー釣行にも最適です」と話す。

 ★初めてならテンヤで

 仕掛けはさまざまあるが、初挑戦の人に船長が勧めるのはテンヤ仕掛け。「スッテや餌木も釣れますが、特長や短所を理解した操作ができていればの話。初めてなら掛けバリが上向きで比較的根掛かりが少ないテンヤが無難でしょう」と解説する。

 ★秀逸なテトラ竿

 体長5~15センチのイイダコのノリを感知するには柔軟な穂先の竿が必要。船宿で販売されている1・5メートルのテトラ探り釣り用=1本2000円で数量限定=は秀逸で、穂先はシャープペンシルの芯ぐらいの細さだ。代用を探すなら最低でも6~8号のオモリを下げて竿先が曲がる物を選ぶ。釣り経験があり、両手2本竿で釣るなら、同一の竿とリールを組み合わせると、コヅキのリズムが取りやすい。PEには先糸を結ぶ必要があり、自信がない人は船長に頼んで結んでもらおう。

【続きを読む】

  • 最大15センチ前後も出た
  • 1・5メートルのテトラ探り釣り用竿
  • 両手2本竿で釣るなら、同一の竿とリールを組み合わせると、コヅキのリズムが取りやすい
  • ダミーラッキョウ
  • 少しでも違和感ある重みがあったら巻き上げる
今、あなたにオススメ
Recommended by