2017.8.31 05:00

【甘口辛口】サウジ敗戦もやっぱり豪州戦は必勝!? ハリルJに必要なのは杉本、井手口らの台頭

【甘口辛口】

サウジ敗戦もやっぱり豪州戦は必勝!? ハリルJに必要なのは杉本、井手口らの台頭

■8月31日

 今夜の豪州との大一番を前に、日本に「追い風」が吹いたとか。サッカーW杯アジア最終予選B組で日本、豪州と三つ巴の争いを演じているサウジアラビアが29日、アウェーでUAEに1-2で敗れた。おかげで日本の首位は変わらず、たとえ豪州に負けても9月5日のサウジとの最終戦は引き分けでもW杯出場が決まることになった。

 ムードを盛り上げるために「追い風」とは都合がいい言葉だ。しかし、ある専門家はこう指摘する。「追い風どころか、せいぜい微風。状況はほとんど変わらない。最終戦まで持ち越せば何が起こるかわからない厄介な中東のアウェー。引き分けでいいなどという考えは通じない」。

 もちろん選手は「追い風」などには目もくれないだろう。豪州はW杯予選に限っては過去0勝5分け2敗で勝ったことがない強敵。体の強さとロングボールで日本を苦しめてきた。最終戦が格下のタイで、日本とは引き分けでもW杯出場は確実と踏んでいるようだが、「そう簡単にはいかない」と日本が苦しめる番だ。

 おなじみのFW本田圭佑(パチューカ)、MF香川真司(ドルトムント)がスタメンから外れそうで、MF柴崎岳(ヘタフェ)が司令塔として浮上した。今回はFW杉本健勇(C大阪)、MF井手口陽介(G大阪)、DF昌子源(鹿島)ら能力の高さで評判の若きJリーガーも代表に名を連ねている。

 「新陳代謝を高める意味で望ましい。歴代の外国人監督は海外組を優先しているが、日本で純粋培養された選手たちも活躍してJリーグの価値を高めてほしい」と前出の専門家。若手が活躍し勝って出場を決められれば理想的で、いい夏の締めくくりになるはずだ。 (今村忠)

今、あなたにオススメ
Recommended by