2017.8.2 12:02

タイ&ヒラメ舞い踊りや 話題のアンダーベイトで高級魚乱舞/関西フィッシング

タイ&ヒラメ舞い踊りや 話題のアンダーベイトで高級魚乱舞/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
マダイの強烈なアタリで大きくしなる「がま船デルフィーノ」と、懸命にこらえる平井憲さん。このスリルがたまらない

マダイの強烈なアタリで大きくしなる「がま船デルフィーノ」と、懸命にこらえる平井憲さん。このスリルがたまらない【拡大】

 釣りのだいご味を堪能できるのが、和歌山・みなべ堺港「純栄丸」(湯川佳基船長)の落とし込み&アカイカロング便だ。午後3時に出船して6時30分頃まで落とし込み(アンダーベイト)でマダイや青物、大物の根魚狙い。日没後は11時までアカイカの夜釣りを楽しむ。大型魚との強烈なやり取りと、美味なアカイカの数釣り。1日で2度おいしい欲張りなロング便に、がまかつフィールドテスターの平井憲さんが乗船した。

 海面から25メートル落としたところで、ベイト(エサとなる小魚)が「がま船 デルフィーノ」の穂先を震わせる。ベイトのハリ掛かりを確認したら、そのまま水深60メートルの海底まで仕掛けを送り込み、素早く底ダチして1メートルほどシンカー(オモリ)を上げて待つ。

 しばらくすると、ベイトが暴れ穂先を叩く。続いてデルフィーノが海面に突き刺さり弧を描く! リールのスプールが逆転しラインが一瞬出る。待望のアタリだ!

 慎重なやりとりで底を切る。残り12メートルで最後の抵抗をデルフィーノが吸収し、海面に薄紅の魚体を吸い寄せた。この日初めにタモを使わせたのは75センチのマダイだった。

 この時右舷トモ(船尾)の常連、吉田さんにも強烈なアタリが来たが、2匹同時に掛かったらしく引っ張り合いをしたのかハリス切れとハリが伸びての痛恨のバラシ。同時でなければ獲れていたはずだ。この紙一重が釣りのだいご味。その後、吉田さんはマダイ54センチを釣り上げた。

 これで終わりではない。すぐに再投入すると40メートルでベイトが掛かる。底まで落とし込み、2分ほどでベイトは暴れるが本アタリが来ない。大きくゆっくりリフトさせて再度ゆっくり送り込むとガツガツと前アタリ。竿に重みを感じたところでゆっくり聞きアワセると重みが竿に乗った!

 初めは抵抗するが、デルフィーノの反発力で引っ張り上げ、海面に姿を現したのは56センチの良型ヒラメ! 落とし込みは思わぬゲストが登場する。数日前にはクエ63センチが上ったという。サンスポ親谷さんがオオニベの88センチを釣り上げたのを最後に落とし込みはストップフィッシング。

 ロング便後半のアカイカ釣りは、前回の「代々丸」(7月26日掲載)での43匹超えが目標という田尾安志さんが素晴らしいスタートダッシュ。水深約60メートルラインのアカイカポイントで、スッテ5本仕掛けを投入して1投目から4匹釣り上げた。

 私は魚の処理などで出遅れ、やっと2匹釣り上げたときには田尾さんはすでに12匹。歌手のマダムレイさん(田尾さんの奥さん)いわく「謎の漁師」流石です!

 親谷さんと吉田さんはイカメタルで上層・船影下のイカを狙い、私と田尾さんは中層から上の広範囲を探る。中盤まではスロー巻きでもまァまァ乗ったのだが、その後は乗りが悪く、パターンを変えて探る。海面から5~10メートル刻みに送り込み、シェイクして誘い、ステイで乗せて聞きアワセ。中層から海面までこのパターンを繰り返し、11時までに80匹。どうにか追いつき追い越せました。

 田尾さんは目標の43匹を軽くクリアする75匹。親谷さんはイカメタルで37匹、吉田さんもイカメタルで43匹。船内アカイカ15~26センチを235匹の釣果。アカイカはこれからが本番で型・数共に期待できます。

 (がまかつフィールドテスター、平井憲)

落とし込み釣り

 中層~底付近にいるアジ、イワシ、小魚を太いサビキ仕掛けで食わせて生き餌にし、底付近にいる青物や底物を狙う。ベイトの掛け方は、急速落下でステイ(止める)、早巻き上げでステイが基本。ハリに掛かればそのままシンカー(オモリ)を着底させ、1~2メートル底を切りアタリを待つ。アタリはベイトが暴れる前アタリに続いて竿を叩くが、ここでアワセは禁物。竿が海面に突っ込むほどの本アタリで竿を立てて竿に乗せる。向こうアワセが基本なので、しっかり喰い込んでからアワセよう。

  • 大型タイ
  • 良型ヒラメ
  • アカイカ
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by