2017.7.18 12:00(1/3ページ)

12組15人が「すごい」「おもしろい」 シロギス23センチ、こんなでかいのゲットしちゃいました!

12組15人が「すごい」「おもしろい」 シロギス23センチ、こんなでかいのゲットしちゃいました!

パールピンクの女王、シロギスゲット。今井寿美礼先生(左)、ありがとう!=東京湾・盤洲周辺

パールピンクの女王、シロギスゲット。今井寿美礼先生(左)、ありがとう!=東京湾・盤洲周辺【拡大】

 サンスポ推薦船宿会主催「第152回 ステップアップのための釣り教室」(特別協賛・マルキユー)が12日、東京都江東区・葛西橋『荒川屋釣船店』で開催された。インストラクターにフィッシングライターの今井寿美礼さんを迎え、抽選で決まった12組15人がシロギスにチャレンジした。

 南西風をものともせず、船はキスの一大生息地、盤洲に到着した。午前8時ジャスト。水深3メートルの超浅場で、山下泰司船長の「やってみましょう」のアナウンスが響いた。強風に加え、潮も澄んでいる悪条件。インストラクター全員が厳しいかと思った1投目、いきなり高柳保男さんが15センチ級をゲット。「きき合わせしたらブルっと来ました」と一番やりだ。

 これを皮切りに「ヒット!」の声があちこちで聞こえるように。ワカサギ釣りの仲間と参加した遠藤吉次さんは「やっぱり引きが大きいね」と19センチを仕留めた。右舷胴中の横前和文さんは「アタリが分からなかった」と言いながらも17センチで続く。右舷8人、さらに左舷7人も本命を確保し、船中全員が型を見た。

 今回はステップアップ教室でキャスト重視。今井さんらインストラクターが投げ方を指導した。徐々に風が強まり、キャストすると糸が流れて、オマツリも発生し始めた。風でアタリが分かりにくく、餌が取られていることもしばしば。その時、斉藤正一さんが「すごい引きだ!」と声を上げる。この日最大の23センチだ。キス初挑戦の椎名光雄さんは「午前2時に茨城から出てきたかいがあったよ」と笑いながら、20センチ級を連チャンした。

【続きを読む】

  • ステップアップだ!意気込む参加者とインストラクター
  • アクアラインには脇目も振らず竿先に集中する
  • 22センチの良型。お孫さんに見せてあげるそう
今、あなたにオススメ
Recommended by