2017.5.9 12:00(1/2ページ)

ムギイカ、短期決戦!浅場で回遊中 相模湾・小田原沖

ムギイカ、短期決戦!浅場で回遊中 相模湾・小田原沖

ムギイカの2点掛け。ライトタックル用の竿で次々と上げていった=相模湾・小田原沖

ムギイカの2点掛け。ライトタックル用の竿で次々と上げていった=相模湾・小田原沖【拡大】

 待ちに待ったムギイカ釣りが始まった。例年相模湾西側の小田原沖で釣れ出し、徐々に東側へ群れが移動する。西で釣れれば期待が高まる。マルイカで賑わう東側ではすでに、日並み次第でムギイカがかなり交じっている状況だ。今シーズンの湧きはどうなのかこの目で確かめようと、神奈川県小田原市・小田原早川『坂口丸』へ向かった。

 さすが人気のムギイカだ。平日にもかかわらず2隻で出船した。久保田忍船長が近場で反応を探すと「水深60メートル。下から5~7メートルをやって」とアナウンス。底から10メートルまでリサーチするが触りはない。すぐに西側のポイントへ。「ノったよ」の声が聞こえた。隣の手釣り師も重そうに糸を手繰っている。チャンスだ。きき上げた竿先がテンションを感じたまま戻ってこない。電動のスイッチを入れる。“グーン”。「ノってる!」。下から2番と3番目のツノに胴長15センチ前後のムギイカが付いていた。手釣り師は5点掛け。この流しでほとんどの人が型を見た。

 反応を探して投入するが、なかなか仕掛けが群れに当たらない。ムギイカは回遊力があるせいか動きが速いらしい。うまくいくと大半の人にイカがノる。1つの群れを攻めすぎると、すれてきてツノに見向きもしなくなる。新たな群れを探してさらに西へ。水深50メートル。ミヨシの江成美樹さん(45、横浜市)が軟竿をしならせた。ムギ2点とマルイカの3点掛けだ。

 流し替えるたびにポツポツ上がるが、それもひと流し1回で終わってしまう。取材前々日に手釣りで102尾を上げたベテランも「今日はイカがかたまってないね。この前は5点、6点掛けが当たり前でひと流しで何回もやれたよ」とぼやく。そんな中、シャクリ上げる竿がガシッと止まった。リールを巻くと“グーングーン”と独特の引き。4点掛けだ。1回しかできないのですぐに移動して群れを追う。次の流しは3点掛けとなった。

【続きを読む】

  • 陸地は目と鼻の先。この浅さも醍醐味だ
  • そーっと…。足1本でノってきたムギイカ
  • 手返しのいい手釣りに軍配が上がった
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by