2017.5.3 12:02(1/2ページ)

イサキ大暴れ!梅雨本番前に規定の50尾が続出!!

イサキ大暴れ!梅雨本番前に規定の50尾が続出!!

“布良サイズ”と評判の31、32センチのイサキのダブル。盛期にはこんなシーンが多発する=南房・布良沖

“布良サイズ”と評判の31、32センチのイサキのダブル。盛期にはこんなシーンが多発する=南房・布良沖【拡大】

 若葉の季節が過ぎれば、釣り人は“梅雨イサキ”のシャープな引きに歓喜する。それはもう少し先だというのに、千葉エリアでは各地で規定尾数の50尾到達が報告され魚影の濃さは抜群だ。南房・布良沖もそのひとつ。3月の開幕から25~30センチの良型が激しく竿先を震わせている。千葉県館山市・布良『松栄丸』でひと足早く元気いっぱいの暴れん坊を追った。

 16人が集まり、2隻の大型船に分乗しての出船だ。黒川一夫船長は直前のシケ前まで良型が顔を出していた港から5、6分の超近場へ。息子の智也船長はそこからさらに5、6分の沖目へ。すぐに「いいですよ。タナは16メートル」の指示が出た。コマセを振り、誘う。しかし、竿先は沈黙したまま。2投目も同じ。そこへ智也船長から「型はあるよ」の無線が入り、すぐに沖目へ走った。

 「タナは22メートル。どうぞ」で仕切り直し。すぐに「きた!」の声が左舷側で上がった。「いい型だ」の声が続く。にぎやかな左舷に比べて、右舷側の反応は鈍い。この流しの3投目。25メートルまでビシを落とし、1メートル刻みでコマセを振りながら指示ダナへ。ひと呼吸あって竿先がムズムズッ。次の瞬間ガツーン。その激しさに、追い食いのことばが頭から消えた。リーリングに入ると、竿先が右に左に引っ張られる。「どんな大物?」と期待させながら26、27センチが濁り気味の水面に。これを皮切りに1尾、また1尾とハリス切れが心配になるほどの強烈な引きに直面した。

 「30センチ級のダブルだよ」「こっちは27、28センチのダブル」。中盤を過ぎるころから食いはさらに活発化した。しかし、船長は「まだ飛びつくようなアタリではない」と辛口の評価だ。それでも「玉網、玉網!」の声で3キロのヒラメが登場したり、遠慮がちな引きでタカベがきたりと、高級ゲストが楽しませる。もちろん、本命の数も確実に上積みされた。

【続きを読む】

  • こちらは27、28センチ。激しく竿先を引き込んできた
  • イサキ(上)船のゲストでヒットするタカベ(下)は塩焼きで最高!初夏から夏場に旬を迎えるが、今や高級魚
  • 当日の仕掛け
  • この日は別船の若船長に軍配が上がった。予約が多いときは臨機応変に対応してくれる
  • 『松栄丸』では現在特製仕掛け1個(3本バリ×2セット)をプレゼント中
今、あなたにオススメ
Recommended by