2017.5.3 12:01(1/3ページ)

村西アナ、世界の琵琶湖でバスフィッシング初体験/関西フィッシング

村西アナ、世界の琵琶湖でバスフィッシング初体験/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
馬渕浩行さんが釣ったど迫力の60センチバスを持たせてもらった村西利恵アナ。次はわたしもロクマルを!

馬渕浩行さんが釣ったど迫力の60センチバスを持たせてもらった村西利恵アナ。次はわたしもロクマルを!【拡大】

 カンテレの人気アナ、村西利恵アナウンサーがさまざまな釣りの楽しさを伝える「村西アナの 釣り女にア~ナりたい」。今回は師匠のシマノアドバイザー、佐々木洋三さんと琵琶湖へGO! ルアーフィッシングの基本であるキャスティングの練習だったが、着いてビックリ。大津市の「小林貸船釣具店」から出船時に1匹、帰りに1匹、夢のロクマル(60センチ超)ブラックバスに遭遇し、「私も釣りた~い!」。後日改めて出かけた結果は人生初の-。

 こんにちは! 今回は、「釣り女にア~ナりたい」のタイトル通り、真の釣り女となるべく修業に出てまいりました。挑戦したのは、未経験のバスフィッシングです!

 「釣った魚は美味しく食べる」がモットーの私には、これまで縁がなかったジャンル。向かったフィールドは日本のバスフィッシングの聖地と言える、琵琶湖です。毎年春から夏にかけて、湖畔でBBQをしたりウォータースポーツを楽しんだりと普段から馴染みの深い場所なので、新たな楽しみを知ることになるのか…?!とワクワクドキドキ。早朝から近江大橋の西詰にある小林貸船釣具店さんを目指しました。

 とはいえ、いきなり貸しボートで水上に繰り出したところで、うまく投げられる自信がない! まずはキャスティング練習から。実は若い頃にバス釣りにハマっておられたという佐々木師匠指導のもと、スピニングリールとベイトリール、両方のキャスティングをマスターすべく、ひたすら特訓。投げて、投げて、投げまくる!

 するとスピニングはよく飛ぶようになったのですが、ベイトが苦戦。最初は2回に1回バックラッシュしていましたが、それでも徐々に減っていきなんとか8回に1回くらいに…(笑)。

【続きを読む】

  • 4月29日、ついに初バスをゲットした村西アナ。32センチとロクマルの約半分だけど、バンザ~イ!
  • スピニングリール(上)とベイトリール
  • テキサスリグ
今、あなたにオススメ
Recommended by