2017.4.28 12:00(1/2ページ)

【ヘラブナ】GWイチ押し!40センチの腹パンを22枚

【ヘラブナ】

GWイチ押し!40センチの腹パンを22枚

良型が次々ヒット。竿は満月のよう=埼玉県久喜市・昭和沼

良型が次々ヒット。竿は満月のよう=埼玉県久喜市・昭和沼【拡大】

 新緑がまぶしい季節となり、ヘラブナ釣りも最盛期を迎えた。そんな中、埼玉県久喜市にある『昭和沼』で自慢の大型が釣れ始めたとの情報。出掛けると、40センチの腹パンを22枚の好釣果に恵まれた。GW期間中イチ押しだ。

 ★概況

 周囲約2・2キロの広大な沼。ここを中心とした久喜菖蒲公園には、遊歩道や芝生広場などがあり、週末は家族連れで賑わう。沼の一角には県が管理する有料釣り場もあるが、人気なのが無料釣り場。要因は、型の良さに尽きる。35~40センチが主体で45センチ以上の巨ベラも多数生息。

 ★ポイント

 陸釣りのみ。釣り台は必携だが、コンクリート護岸されて足場はいい。どこでも大差なく釣れており特筆すべきポイントはない。休日は混雑が予想されるので、できるだけ空いているポイントへ。

 ★釣り方

 宙、底どちらも好みでOK。宙釣りなら10~12尺で1メートル前後のタナ。餌はバラケにウドンのセット。底釣りは15尺前後の竿でバラケにグルテンのセット。GW頃には両ダンゴでも釣れるようになるのが例年のパターン。

 ★実釣

 到着は午前8時。「ここ何日か気温が上がって、ようやく釣れるようになったよ」と先着の常連さん。夏日を記録する陽気が続き、一気に活性が上がったのだろう。アタリっきりだといいながら、40センチ級を立て続けにヒット。

【続きを読む】

  • 上がってくるヘラは40センチ級主体
今、あなたにオススメ
Recommended by