2017.4.12 12:00(1/2ページ)

爆釣Xデーもう間近!超高級魚に夢膨らむ…圧巻2・8キロのトラフグ

爆釣Xデーもう間近!超高級魚に夢膨らむ…圧巻2・8キロのトラフグ

2.8キロのトラフグ。最後に“海の女神”がほほ笑んだ=東京湾・久里浜沖

2.8キロのトラフグ。最後に“海の女神”がほほ笑んだ=東京湾・久里浜沖【拡大】

 昨年の春、東京湾に突如出現して話題となった超高級魚トラフグ。良型の天然トラフグが東京湾で釣れるとあって大にぎわいをみせたが、今年も千葉県浦安市・浦安『吉野屋』でポツポツと顔を見せ始めた様子。爆釣Xデーはもう間近だ。期待に胸を膨らませ、東京湾に夢を追った。

 吉野公大船長が船を向けたポイントは、前日好調だった久里浜沖の水深80メートル。深場だ。南風が強めに吹く中、一斉に仕掛けが落とされた。風に押された波が船を上下させる。仕掛けを安定させるのも難しい。釣り人たちは、踏ん張ってアタリを取るべく竿を操作する。

 シャクリ上げた竿がガシッと止められた。グングンと元気な引きを見せる。糸が緩まないようテンションをかけつつ巻き上げだ。こんなにも簡単にトラフグが釣れるのか? 甘かった。水面に現れたのはホウボウ。40センチの良型だ。うれしい外道のはずだが、本命がトラフグとあっては気分も複雑、ぜいたくな話だが。

 気を取り直して集中する。底から1メートルほど上げたところで待つ。ゆっくり竿を下げながら仕掛けを落とす。一瞬、ふわりと糸がフケた。怪しきは合わせだ。素早くハンドルを巻きつつ大合わせ。ズシッと止められた。今度こそと祈る気持ちで巻き上げる。見えた。水面に姿を見せたのは立派なエイ。超高級魚トラフグはそう簡単には釣れてはくれないらしい。その後アタリが遠のいた。

 沈黙を打ち破ったのは佐々木雄一さん(61、朝霞市)。「落とし込みでゴンゴンと来ました。諦めかけていたけど大マグレです」と本命を手に謙虚なコメント。この1尾がハイライトタイムを呼び込んだ。杉本憲勇さん(41、浦安市)が続き、「去年釣れなかったのでリベンジ達成です」と笑顔。ラストチャンス、海の女神がほほ笑んだのは山崎辰也さん(41、江戸川区)だ。手慣れた竿さばきで圧巻の2・8キロを浮上させた。「2キロを1尾が目標でした。まさか達成できるとは思わなかった。うれしいの一言です。去年は出遅れたので今年は早目に来て正解でした」と満面の笑みだ。

【続きを読む】

  • 超高級魚を玉網でキャッチ。感激の瞬間だ
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by