2017.4.7 12:00(1/2ページ)

【HIT&ヒット】ぽってり良型マルイカと知恵くらべ

【HIT&ヒット】

ぽってり良型マルイカと知恵くらべ

特集:
なぎさのHIT&ヒット
丸くてかわいらしいマルイカ。あの手この手でやっとノってくれました=内房・勝山沖

丸くてかわいらしいマルイカ。あの手この手でやっとノってくれました=内房・勝山沖【拡大】

 待ちに待ったマルイカシーズンがついに開幕! 繊細なアタリをとるゲーム性の高さと、ずんぐり丸みを帯びたかわいらしい姿、軟らかく抜群に甘い身♪ 三拍子揃ったみんなの人気者に会いに、なぎさは千葉県鋸南町・安房勝山『萬栄丸』へ向かった。

 「ここ何日かはハモノがいて、イカの群れが動いている。ポイントに着いたらすぐに仕掛けを落とすことが重要だよ」と岩崎直一船長。航程20分で勝山沖の水深70メートル前後へ。合図とともにカラフルなスッテが宙を舞った。オモリの着底が近づくにつれ、胸が高鳴る。「ノったぞー!」。船中のあちこちで声が上がり、左舷はなぎさ以外みんなHIT。丸々とした20センチ級のマルイカたちが続々と登場。乗り遅れたと思った瞬間、「上げてください」のアナウンス。群れの移動が速い。今度こそ!

 数秒間シェイクしてピタッと止め、ゼロテンションをキープしていると、竿先がモタッと沈むような違和感だ。スッとあわせるとズズン! 下から2番目のツノをギュッと抱いて現れたのは25センチ級の大本命。「このまま続け」と願っていたものの、そんなに甘くはありません(笑)。反応はあるのに、なかなかノらず大苦戦。スッテのカラーを替えたり、ジワっときき上げてみたり、マルイカと知恵比べの始まりだ。空合わせで、ようやくズン! 水しぶきを浴びながらかわいらしい17センチ級をゲット♪

 小雨が降る後半の水深50メートル前後。ツン! タッチしてくるが、掛けられない。ところが左舷大ドモの名人は、魔法のように1人で連チャン中。「今は落ちノリ。巻き落としを増やしたり、誘いにメリハリをつけるといいよ」との心強いアドバイスに、見よう見まねで挑む。今までよりも鋭いシェイクを長めにしてからピタッと止めるとフワ! 突然、穂先が上がり僅かに震えた。今だ! すぐに合わせると手応え十分。ぽってりとした良型マルイカが輝いた。トップ14尾、なぎさは8尾。本格シーズンはこれからだ。(あべなぎさ)

【続きを読む】

  • 中村勇生さん(左)と渡辺太吾さん(右)。
今、あなたにオススメ
Recommended by