2017.4.6 12:00(1/3ページ)

舞い踊れ ルアーヒラメにチャレンジ

舞い踊れ ルアーヒラメにチャレンジ

1・5キロの良型ヒラメをキャッチ。サーフだけでなく、船からもルアーヒラメは楽しめます=外房・勝浦沖

1・5キロの良型ヒラメをキャッチ。サーフだけでなく、船からもルアーヒラメは楽しめます=外房・勝浦沖【拡大】

 人気の釣り物であるヒラメ。船釣りでは活きイワシ餌の泳がせ釣りで狙うのが一般的だが、ルアーフィッシングではサーフから専門に狙う人もいるほどの好ターゲットだ。今回は外房の船からルアーでチャレンジしようと、数・型ともに実績の高い千葉県勝浦市・興津港『第五庄之助丸』へ向かった。

 根が点在する砂地で船を横に流し、アタリをひたすら待つ感じだと思っていたら、『第五庄之助丸』はひと味違った。勝浦沖に無数にある複雑な根の際を絶妙な操船でギリギリで交わしながら流すスタイル。潜り漁も行っている秋葉庄之助船長が自分の目で見てきたからこそできる“攻めのヒラメ釣り”だ。

 勝浦沖では狙うポイントが3~30メートルと幅広く初挑戦のエリアなので20~70グラムのメタルジグ、30グラム前後のキャスト用タイラバや同重量のジグヘッド&ワームを用意。広大なポイントを攻めようとミヨシに立つ。水深10メートルからスタート。根掛かりを避けるため、ジグヘッド+シャッドテールワームをキャスト後に一度底まで沈めシャクって落とすリフト&フォールのアクションで泳がせてみる。

 このワームは尻尾が受ける水流でボディー全体がユラユラ揺れるように作られており、泳ぎはまさに小魚。こまめに移動し、根が目視できる水深4メートルへ。前日までのシケで多少濁りが入っていたため、初めにセットした白のワームからスモークに青ラメの入ったカラーにチェンジ。横に泳がすスイミングも織り交ぜながら広範囲に探ってみるとルアーをひったくるような激しいアタリが! 間髪入れず強く合わせた後に、強烈な引き込み。慎重にやり取りしてネットに入ったのは1・5キロの良型ヒラメだった。

【続きを読む】

  • ヒット!40数えて食い込ませる餌釣りの“ヒラメ40”と違い、ルアーは即合わせだ
  • どう猛なフィッシュイーターは、ルアーにがっつり食らいついていた
  • 使用タックル〔1〕~〔3〕(写真上から)▼ロッド=〔1〕シマノ・ワールドシャウラ2651F-2〔2〕同2652R-2R〔3〕同2702R-2▼リール=〔1〕シマノ・ヴァンキッシュ3000M〔2〕同C3000〔3〕同4000▼ライン=パワープロ〔1〕1号〔2〕1.5号〔3〕2号+オシアリーダー〔1〕14ポンド〔2〕20ポンド〔3〕30ポンド▼ルアー〔1〕ベイトブレスTTシャッド3.5インチ〔2〕コルトスナイパー(メタルジグ)28~40グラム〔3〕▼同55~75グラム
  • 秋葉庄之助船長と山木一人プロ(右)。海、湖とフィールドは違えど、共にサンスポ推薦船宿の店主です。
今、あなたにオススメ
Recommended by