2017.4.5 12:00(1/3ページ)

春ガシラ満開! 住田美緒ちゃんスマイル満開! お花見より「お魚見」はいかがガシラ/関西フィッシング

春ガシラ満開! 住田美緒ちゃんスマイル満開! お花見より「お魚見」はいかがガシラ/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
イベント参加者たちと、にぎやかに春のガシラ釣りを楽しんだ住田美緒さん。23センチの良型も出た

イベント参加者たちと、にぎやかに春のガシラ釣りを楽しんだ住田美緒さん。23センチの良型も出た【拡大】

 和歌山・加太から出船する「三邦丸」(三尾浩司船長)が3月25日、がまかつの協力でイベント「がまかつテスター平井憲氏と行く!! 船釣り入門ABC」を開催した。本紙でおなじみの平井さんとともに、参加者28人がガシラ(カサゴ)釣りに挑戦。平井さんに弟子入りした「釣り女師(じょし)」コラムニストの住田美緒さんも同船し、初心者からベテランまで楽しめる春のガシラ釣りをリポートする。

 春ですね♪ 楽しく釣りができる季節の始まりです。少し早めのお花見ならぬ「お魚見」を愉快な釣りファンの方々と楽しんできました。

 私の師匠、がまかつフィールドテスター平井憲さん指導のもと、参加者28人とワイワイ賑やか。お世話になった三邦丸さんには赤、白、青、緑の大きな船が4隻あって、アドベンチャーに行く気分にさせてくれます。

 この日は「あかさんぽう」に乗船。港から30分ほど走り、ポイントに到着すると20メートル付近の底まで仕掛けを落とし、まず底ダチの練習です。底を感知したら1メートルほど巻き上げては再度、底ダチ。8回ほど繰り返すとコンコンと反応があり、中速で巻き上げます。

 1匹目はリリースサイズの「オコゼ(オニカサゴの子)」でした(笑)。10センチほどの小さい魚なのに反応が良くって驚きです。オコゼはトゲに毒があるので絶対に素手で触らないように気を付けましょう。

 ポイント移動し、少し深くなった40メートルの底を探って5分ほどすると、先ほどの反応よりも確かな「コンコン」が竿先に。巣穴に戻られないように迅速かつ丁寧に巻き上げると、20センチほどの良型ガシラがこんにちは。同行していた村西利恵アナにもHITです。

【続きを読む】

  • 28人が参加して大盛況
  • 「三邦丸」新クラブハウス
  • 「三邦丸」新クラブハウスの受付カウンター
  • 「三邦丸」新クラブハウスの魚さばき場
今、あなたにオススメ
Recommended by