2017.3.30 12:00

【竿々学々】新潟・新潟東港第2東防波堤でサワラ釣れ出す!サゴシ級多いが、魚影濃い!

【竿々学々】

新潟・新潟東港第2東防波堤でサワラ釣れ出す!サゴシ級多いが、魚影濃い!

特集:
竿々学々

――師匠、師匠のお友達が管理運営している新潟東港の防波堤でサワラが釣れ出したって聞いたんですが、どうなんですか。

 「おお、正式には『新潟東港第2東防波堤』と言うんだが、3月1日の“解禁(12月から2月は閉鎖)”直後からサゴシ級(40~50cm級)中心ながら釣れ出して、ここに来て少しずつサイズアップして来たな」

――そこの防波堤は確か、数年前のオープンの時にイナダが入れ食いになって話題になったんですよね。

 「おお、その通りだ。よく覚えていたな」

――今回のサワラもルアーで釣れているんですか。

 「ああ、軽めのジグをキャストしての釣りが基本だ。日によって少しムラはあるみたいだが、条件のいい日には2桁釣る人も全く珍しくはなく、同じ海域でやっている釣り船やプレジャーボートの釣り人の中には30匹、40匹と釣る人もいる」

――父から聞いたんのですが、ワラサの魚影が全国的に濃くなっていると言っていましたが、師匠もそう思いますか。

 「おお、父君の言う通りだな。とくに日本海側のサワラの魚影は半端ではなく濃くなっている気がする。もう3、4年前だが、新潟に行った時に地元の古老に聞いたんだが、『50年漁師をやっているが、昔はこんな大きなサワラは少なかった。サワラは前からいたんだが、サゴシ級が圧倒的に多かったよ』と。他の漁師も同じようなことを言っているのを聞いたし、ここ数年、日本海側のサワラは、サイズ、魚影とも大幅にアップしているのは間違いないと思うよ」

――東京湾でも大きなサワラが釣れるって聞きました。元々美味しいお魚ですし、嬉しい話じゃないですか。

 「まあな。魚偏に春(鰆)でサワラだからな。これからがシーズンだ。さっきも言ったように徐々にサイズアップしているし、彼氏と行って来いよ。現場のキャップに電話しておいてやるから“アタリ・ルアー”なんかを聞いてから出掛ければいい」

――ありがとうございます。陽気も春めいて来たし、サクラも咲き出しましたから、彼を誘ってみます。

 「おお、俺も行きたいが、ここんところ忙しくてままならない。現場のスタッフによろしく伝えてくれ」

――分かりました。

 「今年は、夏に必ず行くと伝えておいてくれ」

――はい。分かりました。

今、あなたにオススメ
Recommended by