2017.3.21 12:00(1/2ページ)

さぁ乗っ込みマダイ大型狙え 静かなる作戦

さぁ乗っ込みマダイ大型狙え 静かなる作戦

3・2キロの良型

3・2キロの良型【拡大】

 春の一大イベント、“乗っ込み”マダイのシーズンが開幕! 千葉県鋸南(きょなん)町・保田港『東丸』で、「サンスポフィッシング・チャレンジ2017」のターム大会がスタートした。マダイ最大型1尾の重量制で、今回は藤平隆一船長と大ダイを制す静かなる作戦をガイド。穏やかな内房の海で竿をブン曲げよう!

 ★色と形に予感アリ

 出かけた日は保田沖の水深50-80メートルまで探り、3・2キロを筆頭に1・5-2キロ級の良型ダブルヒットやトリプルヒットもあり0-5尾。体色に黒みがかった個体や、腹部が膨らんだ個体も見られて本格気配十分。船長も「そろそろかも。濁りや温度など条件がマッチした上げ潮を契機に爆釣となる可能性があります」と話した。

 ★柔軟竿で静かに釣る

 タックルの概要は別図を参照。コマセ、付け餌とも沖アミの“コマセマダイ釣法”で竿は3メートル前後の胴調子がベスト。「アピール度の高さから通常は2本バリを薦めていますが、混雑した日はオマツリしやすいので1本にした方が無難」と船長。長い仕掛けはテンビン側を太く、先端を細くしたテーパー式にすることで維持、操作しやすくなる。サルカンを介して接続する場合は強度が許す限り小型を使ってフカセ効果を損ねないように。プラビシは下窓を5ミリ前後、上窓は3分の2を基準に調整。軽く詰めたコマセが手返し時に少量残ってくるぐらいが理想。付け餌は尾羽を取った断面からハリ先を入れたら2-3節目の腹側にハリ先を抜き、真っすぐに付ける。

【続きを読む】

  • 1・5-2キロ級の良型
  • ダブルヒット!
  • プラビシは下窓を5ミリ前後、上窓は3分の2を基準に調整。軽く詰めたコマセが手返し時に少量残ってくるぐらいが理想。
  • 付け餌は尾羽を取った断面からハリ先を入れたら2-3節目の腹側にハリ先を抜き、真っすぐに付ける。
  • 船の影に気付いて急に突っ込むこともあるので玉網に収めるまで慎重に対応しよう。
  • 当日の仕掛け
今、あなたにオススメ
Recommended by