2017.1.14 05:00

【甘口辛口】異例の経緯たどり変更されたNBAオールスター開催地 マイケル・ジョーダン氏はさぞ無念だろう

【甘口辛口】

異例の経緯たどり変更されたNBAオールスター開催地 マイケル・ジョーダン氏はさぞ無念だろう

■1月14日

 選手のプレーそのものに一発で魅了された経験がある。バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダン氏の空中プレーを集めたハイライトビデオだ。フリースローラインで「離陸」して空中を歩くように翔び、ダンクシュート。人間にこんなことができるのかという驚きとともに、米プロバスケットNBAの魅力に引き込まれた。

 今年のNBAオールスターは2月19日、ルイジアナ州ニューオーリンズで開かれる。当初ノースカロライナ州シャーロットに決まっていたが、異例の経緯をたどって変更された。昨年3月に同州議会が「生まれ持った性別以外の性のトイレなどの使用を禁じる」通称「バスルーム法」を可決。性同一性障害などを含むトランスジェンダーの人たちへの理解が進む中、逆行するものとしてNBAが問題視、同7月に変更を決めた。

 同法にはディズニー、IBM、グーグルなどが猛反発し、ロックスターのブルース・スプリングスティーンは同州での公演を中止。NBAの決断は必然だった。まだトランプ氏が大統領選に勝つ前だが、騒然とした米国を包む「空気」が伝わる。ジョーダン氏はシャーロットを本拠地とするホーネッツの筆頭オーナーで、全米王者6度を誇る地元ノースカロライナ大出身。さぞ無念だろう。

 さて、15日はわが日本のプロバスケットBリーグ初のオールスター戦。試合前に3ポイントコンテスト、ハーフタイムにはスラムダンクコンテストがあり、試合はNHK-BSでも中継される。きら星のようなトップ選手の集結に期待しないわけにはいかない。選ばれた誇りを胸に、ファンの記憶に残るプレーを1つでも多く見せてほしい。 (親谷誠司)

今、あなたにオススメ
Recommended by