2016.12.2 12:00(1/2ページ)

【なぎさのHIT&ヒット】悪戦苦闘…最後の最後にマダイとご対面

【なぎさのHIT&ヒット】

悪戦苦闘…最後の最後にマダイとご対面

特集:
なぎさのHIT&ヒット
約700グラムのマダイ。最後の最後に私のところに来てくれました=茨城・日立沖

約700グラムのマダイ。最後の最後に私のところに来てくれました=茨城・日立沖【拡大】

 青いアイシャドーにピンク色の美しい姿。高級魚の代表格でもあるマダイが冬に備えて栄養を蓄え、最もおいしいシーズンに突入した。茨城の海はこの時期でも大型が浮上することがあり、釣り人の夢が膨らむ。なぎさは、茨城県日立市・日立久慈『釣友丸』へ向かった。

 「アタリがよく出る着底寸前を特に意識すること。“コツ!”と、はっきりわかるアタリがきたらズバッと合わせて」と若林正行船長。鏡のようなベタナギの中、船は日立沖へ。水深38メートル前後。「どうぞ」の合図とともに6号の赤金テンヤを付けて底から2メートル誘い上げては、ゆっくりとテンヤを落とす。“ズバッ”。朝イチに竿が曲がったのは、右舷大ドモ。独特の3段引きで元気よく浮上したのは、1キロ級のでっぷりとした大本命だ。

 その直後、なぎさの竿先も、モゾモゾと反応あり。スッと合わせるとククン。こちらは赤ちゃんマダイでリリース。今度こそ!

 潮が流れず、アタリが間遠くなる。まったりとした時間の中「こんなときはベタ底を中心に攻め、テンヤをゆっくりめに動かすといいよ」と船長からのアドバイス。左舷ではホウボウ、メバルが顔を見せ、隣では良型のヒラメが浮上。コツ! 待ちに待ったアタリをズバッと合わせるとゲストのフグだ。海の中のパレードはとてもぜいたくだが、ピンク色が遠い。波に乗れない。

【続きを読む】

  • 食い渋る中で4尾・大島匠さん
今、あなたにオススメ
Recommended by