北京オリンピックメニュー

ここから本文

北京オリンピック北京オリンピックのRSS

ボルト、風邪気味でも9秒83で圧勝/陸上

2008.8.31 05:02
操作メニューをスキップして本文へ
ボルト、風邪気味でも9秒83で圧勝/陸上
9秒83で圧勝したボルトは、客席に向けて恒例の「弓矢のポーズ」(ロイター)【フォト】

 チューリヒ国際(29日=日本時間30日、スイス・チューリヒ)男子100メートルは北京五輪を9秒69の世界記録で制したウサイン・ボルト(22)=ジャマイカ=が9秒83で快勝した。大会には北京五輪の金メダリストが多数出場。男子5000メートルはケネニサ・ベケレ(26)=エチオピア=が12分50秒18の今季世界最高で制した。

 北京の余韻を求めて来場した2万6000人の視線を独り占めした。五輪のメダリストが勢ぞろいした男子100メートル。スタートの反応時間は0秒193と最も出遅れたボルトだが、1メートル96の長身を起こすと、もう先頭。2位のディックス(米国)に0秒16の大差を付け、ただ1人9秒8台でゴールだ。

 「観客を楽しませるためにベストを尽くした。北京にいるような気持ちにさせようと思ってね」

 ジャマイカの“サンダーボルト(稲妻)”は、圧勝に胸を張った。100で驚異的な9秒69をマークするなど3つの世界新を生んだ真夏の祭典が終わったばかり。疲労に加え、この日は寒さもあった。スタート前は鼻が詰まり、風邪気味だったという。それでも余裕で9秒83を出すあたり、まさに段違いの強さだ。

 五輪で一躍主役となり、人気は世界に拡大。欧州転戦は9月2日にローザンヌ、5日にブリュッセルと続く。休む間もなく各種イベントにも参加するが、「偉大な成績には大きな責任が伴う」とスーパースターとしての自覚ものぞく。

 ジャマイカへの凱旋(がいせん)帰国は9月8日の予定。「シーズンをエンジョイしているけど、家に帰るのが楽しみだね」。22歳の素顔に戻り大きな目を輝かせた。


フォト
ボルト、風邪気味でも9秒83で圧勝/陸上
ボルト、風邪気味でも9秒83で圧勝/陸上