北京オリンピックメニュー

ここから本文

北京オリンピック北京オリンピックのRSS

星野監督「責任者として本当に申し訳ない」 (1/2ページ)

2008.8.24 21:15
操作メニューをスキップして本文へ
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
会見中、唇をかみしめる星野監督=成田市内(撮影・鈴木健児)【フォト】【拡大】

 北京五輪でメダルを逃し、4位に終わった野球日本代表の星野仙一監督、選手が24日帰国した。成田空港ではファンら約300人が待ち受けたが、選手らは一様に硬い表情で空港を後にした。

 成田市内のホテルで記者会見した星野監督は「こういう結果となり、責任者として本当に申し訳ない」と厳しい表情。敗因に関しては「何を言っても言い訳になる」としながらも「初戦で打者がストライクゾーンに不信感を感じていた。体調や技術を含めてベストではなかった」と振り返った。

 宮本慎也主将(ヤクルト)は「(優勝の)韓国との差は(勝ちたいという)思いの差。僕らのふがいなさを後輩たちが感じ取って、世界に通用する日本の野球を見せてほしい」と唇をかんだ。

 星野監督は北京出発前に、来年3月に開催される第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表監督就任を、日本プロ野球組織(NPB)から要請されていることを明らかにした。ただ、五輪メダルを逃したショックは大きく「最終的にはおれが決めるが、今はそこまで考えていない」と態度を保留している。

【続きを読む】


フォト
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」
星野監督「責任者として本当に申し訳ない」