北京オリンピックメニュー

ここから本文

北京オリンピック北京オリンピックのRSS

スペイン、一段飛ばしで初の銀!/シンクロ

2008.8.23 19:11
操作メニューをスキップして本文へ
スペイン、一段飛ばしで初の銀!/シンクロ
【シンクロ・チーム】銀メダルに輝いたスペインチームの演技=国家水泳センター(AP)【フォト】

 シンクロナイズドスイミング・チーム(23日、国家水泳センター)スペインが、野性味あふれる演技で、お国柄の「情熱」を水上にほとばしらせた。アテネ五輪の4位から、一段飛ばしで初の「銀」を見事、手中にした。

 「ライオン、原住民、小川。アフリカのすべてを表現した」とは、アテネのメンバーでもあるコラル。もともと表現力と創造性は卓抜していた。そこに繊細さという息を吹き込んだのが、アテネ後に就任した藤木麻祐子コーチだ。

 東京シンクロク出身。日本の金子チームリーダーは“師匠”にあたり、小川真佐代コーチは現役時代のデュエットのパートナーだった。アトランタ五輪のチームでは銅メダルを獲得。その経験をもとに、日本仕込みの正確な技を上乗せし、さらに「メダルを現実的な目標として認識させた」。

 4年前は練習時間に平気で遅れた選手たち。それが藤木コーチの指導で結果を生むと意識が変わった。選手たちが一糸乱れぬ技術とメダルへの大望で結ばれたとき、表彰台は高いハードルではなくなっていた。

 デュエットに続く銀メダルに輝いたフエンテスは「すべてを出し切った。目標だった銀を達成できてうれしい」。井村ヘッドコーチが率いた中国、そして藤木コーチのスペイン。日本の“血”が、強国をまた一つ世に出した。


フォト
スペイン、一段飛ばしで初の銀!/シンクロ
スペイン、一段飛ばしで初の銀!/シンクロ