「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

2018.4.22 18:00

藤浪は終わってしまうのか…2年前の“お仕置き続投”から潮目変わったとしても、はい上がれ!

 藤浪は終わってしまうのでしょうか。阪神・藤浪晋太郎投手(24)は20日の巨人戦(甲子園)に先発。150キロを連発して10三振を奪う一方で1暴投6四球、5回9安打6失点KOという惨劇でした。昨季5月4日のヤクルト戦(神宮)以来、約1年も勝ち星なし。メンタルトレ導入で“アーチェリーポーズ”を行った成果もなく、深い迷路から抜け出せません。プロ入り3年で35勝。ところが、16年7月8日の広島戦(甲子園)での161球“お仕置き続投”から潮目が変わった、という関係者がいます。這い上がれ藤浪…。復活への階段はどこかにあるはずです。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪は終わってしまうのか…2年前の“お仕置き続投”から潮目変わったとしても、はい上がれ!
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】鳥谷の連続試合出場継続が重大ピンチ…阪神球団内に「起用法は監督に一任」という声も
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神・ロサリオはあと少しで大噴火!? 球界関係者が予言する4番覚醒の根拠とは何か―
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神・藤浪の価値を巨人戦で改めて痛感…右腕の復活なくしては優勝に届かない台所事情
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神3年目は「監督力」問われるシーズン OP戦のようなふがいない試合再現されると…
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神の開幕構想に危険信号…ロサリオの打撃は他球団によって“丸裸” 投手陣も誤算続き
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】大和流失の穴埋まらない金本阪神…DeNA・高田GMの笑みが虎のアキレス腱ゾクリと刺す
  • 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神内のメッセ不安説の核心は右肩の張りだけではない…V候補の前評判が吹っ飛ぶ事態も

ニュース

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球特集一覧
  4. 「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記