2018.8.11 05:06(1/3ページ)

王&バースに王手!西武・おかわり、パ記録並んだ6戦連発

王&バースに王手!西武・おかわり、パ記録並んだ6戦連発

中村は四回、逆転の18号2ラン。6戦連続アーチとした

中村は四回、逆転の18号2ラン。6戦連続アーチとした【拡大】

 (パ・リーグ、楽天3-7西武、18回戦、西武13勝5敗、10日、楽天生命)パ・リーグ首位の西武は10日、楽天18回戦(楽天生命パーク)に7-3で勝利。中村剛也内野手(34)が、四回に左中間席へ逆転の18号2ランを放ち、パ・リーグタイ記録となる6試合連続本塁打をマークした。王貞治、ランディ・バースが持つプロ野球記録の7試合連続本塁打に王手をかけた。ベテランも後半戦に調子を上げ、西武が優勝へと突き進む。

 仙台の夜空に飛んでいった豪快な一発が、歴史の架け橋となった。パ・リーグ記録に並ぶ6試合連続本塁打。中村は、悠然とダイヤモンドを駆け抜けた。

 「いろんな球をケアしながら、うまいこと打てました。記録? 特別に、何もないといえば何もないです」

 いつも通り淡々と振り返った長距離砲は、1点を返して1-2となった四回一死一塁で、塩見が投じた3球目、高めに浮いた134キロの直球を一撃。観衆2万4664人の前で、左中間席へ決勝弾となる、逆転の18号2ランをほうり込んだ。

 王貞治(1972年9月11-20日)、バース(86年6月18-26日)が持つ、プロ野球記録の7戦連発に王手をかけた。中村が生まれる前と、走り始めた頃の大記録。ジョークを交えて、報道陣を笑わせた。

【続きを読む】

  • 五回終了時に花火が打ち上げられた楽天生命パーク。両軍合わせて5発の本塁打も出た(撮影・土谷創造)
  • 4回、2点本塁打を放つ西武・中村=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、笑顔でハイタッチをする西武・中村(左から2人目)とヒース(左)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 先発の西武・菊池=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 4回、ソロ本塁打を放つ西武・山川=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 6回、ソロ本塁打を放つ西武・森=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 6回を三振で締めくくり、吠える西武・菊池=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 7回、二盗に成功する西武・源田(左)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 7回、適時打を放つ西武・外崎=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 9回から登板の西武・ヒース=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、菊池(右)を労う西武・辻監督(左)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 王&バースに王手!西武・おかわり、パ記録並んだ6戦連発