2018.8.11 05:04(1/3ページ)

奈良大付、甲子園で勝ったで~!1番・宮川がチーム初得点&初弾の大仕事/甲子園

奈良大付、甲子園で勝ったで~!1番・宮川がチーム初得点&初弾の大仕事/甲子園

甲子園初勝利を挙げ、笑顔でアルプス席に駆け出す奈良大付ナイン(撮影・安部光翁)

甲子園初勝利を挙げ、笑顔でアルプス席に駆け出す奈良大付ナイン(撮影・安部光翁)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第6日第3試合(羽黒1-4奈良大付、10日、甲子園)奈良大付が4-1で羽黒(山形)を破り、甲子園初勝利を挙げた。1番の宮川寛志外野手(3年)が一回に中堅右を抜く二塁打で出塁し先制のホームを踏み、五回には右中間席へ2ランを放って勝利に導いた。甲子園に初めて出場した2015年の選抜大会では初戦で0-3の零封負け。初めて出場した夏の甲子園で初得点、初本塁打、初勝利をマークした勢いに乗って、第11日(15日)の2回戦、日大三(西東京)戦へ向かう。

 1番打者と思えない当たりが右中間スタンドに吸い込まれていった。1-0の五回無死一塁。奈良大会で打率・545をマークした宮川が、1-0からボール気味の変化球をとらえて、試合の流れを決定づけた。

 「まさか入るとは思わなかった。うれしかったです」

 チームの初安打も初得点も、絶好調の1番打者が記録した。一回に中堅右を抜く二塁打で出塁。続く植垣(3年)の三塁内野安打が三塁手の一塁悪送球を誘い、先制のホームを踏んだ。

 奈良大付は2015年の選抜大会で甲子園に初出場。このときは初戦で敦賀気比(福井)に0-3で敗れており、宮川の一回の得点と五回の2ランはそのまま同校の甲子園初得点、初本塁打、そして初勝利にもつながった。天理と智弁学園が“2強”を形成する奈良では、両校以外が夏の甲子園で勝つのは、1993年の郡山以来25年ぶり、四半世紀ぶりだ。

【続きを読む】

  • 宮川は五回には右中間へ2ランを放った
  • 5回、本塁打を放つ奈良大付・宮川=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 5回、本塁打を放つ奈良大付・宮川(左)。右は羽黒・篠田=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 5回、本塁打を放つ奈良大付・宮川=甲子園球場(撮影・須谷友郁)
  • 1回、奈良大付・植垣がバント安打。羽黒・鈴木の悪送球を招き先制=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 羽黒・中島の打球を捕球する奈良大付・木村=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 先発の奈良大付・木村=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 8回、犠飛を放つ奈良大付・上野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 今大会出場56校のチーム打率上位5傑
  • ・奈良大付地方大会あゆみ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 奈良大付、甲子園で勝ったで~!1番・宮川がチーム初得点&初弾の大仕事/甲子園