2018.8.9 05:03(2/2ページ)

阪神・福留、代打で完封阻止適時三塁打!勝つために「集中! 準備やるしかない」

阪神・福留、代打で完封阻止適時三塁打!勝つために「集中! 準備やるしかない」

特集:
福留孝介
福留はアダメスの3球目、甘いストレートをひと振りでとらえた

福留はアダメスの3球目、甘いストレートをひと振りでとらえた【拡大】

 「試合に出る以上は集中力を出して、常に流れを見ている。しっかり準備して、やるしかない」

 本塁が遠かった。一、三塁もあった。満塁は2度もあった。だが一死満塁の六回は大山が二飛、中谷も中飛。3点差が、どこまでも遠く感じられた。福留の一打の後も後続は倒れ、結局1-3で敗れた。最後までファイティングポーズを崩さなかったキャプテンの頼もしさだけが、際立った。

 「最後、あきらめないうんぬんじゃなく、やっぱり自分たちは勝つためにやるわけだから。そういう中で打てたというのはよかったんじゃないですか」

 毎週6連戦が続き、しかも長期ロード中。41歳の大ベテランには休養日が必要だ。リフレッシュし、この最後の打席のように、9日も虎に気持ちを入れ直してくれるはず。近年のチームにとって「8月の東京ドーム」は鬼門。最後に優勝した2005年以降、16勝34敗3分け。2013年8月2-4日以来5年にわたってカード勝ち越しすらない。カード1、2戦を連勝したことすら開場以来1度もなかった。この日勝てば、それらを払拭し5年ぶりの「8月の東京ドーム」勝ち越しを決められていたはずだったが、すべては持ち越しになった。

 「明日どうのこうのじゃなく、すべてが大事になってくる」

 1試合1打席の重みは増すばかり。福留の好調が、意地が、頼もしい。 (長友孝輔)

試合結果へ

  • 福留は九回、代打で登場。フェンス直撃の打球を放ち、三塁へと到達した(撮影・岩川晋也)
  • 9回、適時三塁打を放つ阪神・福留=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 8回、投球する阪神・岡本=東京ドーム(撮影・岩川晋也)
  • 7回、中前安打を打つ阪神・鳥谷=東京ドーム(撮影・岩川晋也)
  • 7回、登板した阪神・望月=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、安打を放つ阪神・鳥谷=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 6回、右前に安打を打つ阪神・糸井=東京ドーム(撮影・岩川晋也)
  • 6回、安打を放つ阪神・北條=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 4回、ベンチの阪神・金本監督=東京ドーム(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・福留、代打で完封阻止適時三塁打!勝つために「集中! 準備やるしかない」