2018.7.13 05:00

秋田大会開幕、第1回大会出場選手の孫が始球式

秋田大会開幕、第1回大会出場選手の孫が始球式

 第100回全国高校野球選手権大会秋田大会(12日、秋田県営)秋田大会が開幕し、始球式は1915年の第1回大会で準優勝した秋田中の内野手、信太貞(しだ・さだか)さん(故人)の孫、誠一さん(54)が務めた。当時と同じ、胸に「YADOME」の文字が入ったユニホームを着用し、96キロのストライク。「100回大会だから100キロを目指したが…」と苦笑いも「100回、200回と発展を祈念してしっかり投げられた」と発展を願った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 秋田大会開幕、第1回大会出場選手の孫が始球式