2018.7.3 10:00

“松坂世代”のPL学園OB・大西宏明氏、独立リーグ監督就任で奮起誓う

“松坂世代”のPL学園OB・大西宏明氏、独立リーグ監督就任で奮起誓う

特集:
女子社員コラム 言わせて系
独立リーグ新球団の監督に就任する大西宏明氏(右)が着ているユニホームは、「笑ぎゅう」の仕事着です。店長を務める弟の達也さんも、兄の力強い応援団だ(本人提供)

独立リーグ新球団の監督に就任する大西宏明氏(右)が着ているユニホームは、「笑ぎゅう」の仕事着です。店長を務める弟の達也さんも、兄の力強い応援団だ(本人提供)【拡大】

 【女子社員コラム 言わせて系】横浜高出身の中日・松坂大輔投手(37)が12年ぶりの球宴出場を決めた。またPL学園高出身の楽天・平石洋介監督代行(38)が、6月17日から指揮し、好采配が際立つ。同26日、さらなる朗報が舞い込んだ。同高出身でオリックス、横浜などセ・パ4球団で外野手として活躍した大西宏明氏(38)が、地元の大阪・堺市で発足する独立リーグ新球団の監督就任が決まった。

 1998年夏。アマチュア野球担当だった私は甲子園で延長十七回を戦った横浜対PL学園戦を取材。プロ野球・横浜担当時代も3年間一緒だった。さっそくお祝いの電話をかけてみた。

 大西氏は引退後の2012年、大阪・心斎橋に焼肉店『笑ぎゅう』(わらぎゅう)をオープン。自ら店に立ち、実業家として6年目を迎えた。電話した時間は営業中だったが多忙な中、「ねぇさん! 元気でしたか?」と、持ち前の明るい声がうれしかった。

 独立リーグの名称は「ベースボール・ファースト・リーグ」(BFL)。「株式会社つくろう堺市民球団」の設立が発表され、来年度の新球団加盟が認可された。

 「地元に恩返しできるチャンスをいただきました。野球を諦められない選手が、最後にここでプレーできてよかったと思えるようなチームにしたいですね」

 選手は年末にトライアウトを行って編成。本拠地のグラウンドは、堺市という大枠は決まっているが、今後、行政に働きかけていく。

 「ゼロからの出発で、それだけに大きな可能性を感じます。練習は昼間なので、監督就任後も夜は店に出ます。この記事をお読みのみなさま、野球の応援の後は『笑ぎゅう』で野球談義をしましょう」と監督と実業家の“二刀流”を目指す。

 高校時代は松坂と甲子園で対戦し春は2安打、夏は3安打を放った。店には松坂から贈られた米大リーグ、レッドソックス時代のユニホームが飾ってあり「スーパースターと同じ世代に名前を連ねさせてもらって、感謝です。おこがましくもありますが、松坂に負けないよう頑張ります」と奮闘を誓った。

 さらなる大応援団もいる。PL学園野球部の同級生だ。全16人で無料通信アプリ「LINE」でグループ交流。6月26日は、監督就任を祝うメッセージが飛び交った。

 「実は楽天の代行監督になった平石を応援するため、グループラインを作ったばかりなんです。そこで自分も祝ってもらいました。あたたかい仲間に囲まれ、幸せです」

 PL学園野球部は休部になったが、その絆は永遠だ。就任会見は今月3日。“松坂世代”の一員の、輝く船出を見守りたい。(山下千穂)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. “松坂世代”のPL学園OB・大西宏明氏、独立リーグ監督就任で奮起誓う