2018.7.1 05:01

阪神・ロサリオ、腰の張りでウエスタン・オリックス戦欠場

阪神・ロサリオ、腰の張りでウエスタン・オリックス戦欠場

マシン打撃を終え引き揚げる阪神・ロサリオ=甲子園球場(撮影・二星昭子)

マシン打撃を終え引き揚げる阪神・ロサリオ=甲子園球場(撮影・二星昭子)【拡大】

 阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)が30日、ウエスタン・オリックス戦(甲子園)を欠場した。

 試合前練習には姿を見せたが、ウオーミングアップを終えた後、打撃練習などは行わずに引き揚げた。矢野燿大2軍監督(49)は「腰の張りがあるっていうことで。きょうはベンチ入りせず、明日(7月1日)は様子を見て(決める)」と説明し、トレーナーも「明日になってみないとわからないので」と話すにとどめた。

 不動の4番を期待されて年俸3億4000万円で入団した今季だが出場48試合、打率・230、4本塁打、22打点の不振で6月3日に抹消。2軍戦では15試合出場、打率・309、4本塁打と結果は出しているものの、低めの変化球への対応という課題は完全には克服されておらず。緊急補強されたエフレン・ナバーロ内野手(32)=前カブス傘下3A=が、前日29日に1軍に昇格していた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・ロサリオ、腰の張りでウエスタン・オリックス戦欠場