2018.6.17 20:30

東北福祉大・古川主将、日本一に胸張る「岩井先生に報告できます」/全日本大学選手権

東北福祉大・古川主将、日本一に胸張る「岩井先生に報告できます」/全日本大学選手権

優勝旗を受け取る東北福祉大・古川主将=神宮球場(撮影・田村亮介)

優勝旗を受け取る東北福祉大・古川主将=神宮球場(撮影・田村亮介)【拡大】

 「第67回全日本大学野球選手権」は17日、東京・神宮球場で決勝が行われ、東北福祉大(仙台六大学)が国際武道大(千葉)を6-2で下し、2004年以来14年ぶり3度目の優勝を飾った。

 東北福祉大の主将、古川澄也外野手(4年)は、埼玉・花咲徳栄高出身で、後輩が昨夏の甲子園で埼玉勢として初優勝しており、「この大会で選手宣誓した自分が、大学で日本一になることができて、(恩師の花咲徳栄高の)岩井先生(隆監督)に報告できます」と胸を張った。

 岩井監督が東北福祉大のOBで、決勝でも六回から出場した笹谷拓海捕手(3年)や、この大会はベンチ入りできなかったものの春の仙台六大学リーグ戦で既にデビューしている昨夏甲子園優勝時の先発、綱脇慧投手(1年)も花咲徳栄高の出身で、優勝のつながりが感じられている。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東北福祉大・古川主将、日本一に胸張る「岩井先生に報告できます」/全日本大学選手権