2018.6.15 05:01

エンゼルス・大谷、北海道浦河町の等身大パネルが盗まれていた

エンゼルス・大谷、北海道浦河町の等身大パネルが盗まれていた

特集:
大谷翔平

 北海道浦河町の商業施設から、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)の等身大パネルが盗まれていたことが14日、町や浦河署への取材で分かった。12日昼に町教委職員がなくなっていることに気付いたという。大谷が日本ハム在籍時に球団から町に贈られたもので、署は窃盗容疑で調べている。

 管理していた町教育委員会によると、高さ193センチ、幅55センチの発泡スチロール製で、大谷が町の応援大使に就任した2015年に贈られた。担当者は「早く返してほしい。持って歩いていたら目立つと思うが…」と話した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. エンゼルス・大谷、北海道浦河町の等身大パネルが盗まれていた