2018.6.15 05:02

岸が8回0封6勝!楽天、今季初本拠地3連戦で勝ち越し

岸が8回0封6勝!楽天、今季初本拠地3連戦で勝ち越し

7回、中日・高橋周平を二ゴロに仕留め右手を上げる楽天・岸孝之投手

7回、中日・高橋周平を二ゴロに仕留め右手を上げる楽天・岸孝之投手【拡大】

 (セ・パ交流戦、楽天4-0中日、3回戦、楽天2勝1敗、14日、楽天生命)岸が8回無失点で自身5連勝となる6勝目(1敗)を挙げ、交流戦通算20勝をマーク。同じ1984年生まれの吉見との投げ合いを制し、「あっち(吉見)もよかったので、点を取られたくなかった」とうなずいた。このカード2勝1敗とし、今季初の本拠地3連戦での勝ち越しを決めた。梨田監督は「よく頑張ってくれた」とエースの力投をたたえた。

前日の9番から4番での起用となり、先制打を含む2安打1打点と活躍した新外国人の楽天・ディクソン「いい感じで打てた。チームが勝ててうれしい」

八回に7号2ランを放った楽天・アマダー「追加点がほしい状況で回ってきたので、集中して打席に立った。明日も頑張るよ」

試合結果へ

  • 6回を終え、笑顔で引上げる楽天・岸(右)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 先発の楽天・岸=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 7回を終え、グータッチで銀次(右)と岡島(中央)から迎えられ笑顔を見せる楽天・岸(左)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、銀次(左)からウイニングボールを受け取る楽天・岸=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、恨めしそうにドアラ(右)が見守る中、スタンドに挨拶をする楽天・岸=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 試合終了後、お立ち台で「バーン!」を決める楽天・ディクソン(右)と岸=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、先制適時打を放つ楽天・ディクソン=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、中日・堂上直倫の犠打に飛びつき捕邪飛とする楽天・嶋=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、2ランを放つ楽天・アマダー=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、安打を放つ楽天・今江=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、安打を放つ楽天・島内=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 岸が8回0封6勝!楽天、今季初本拠地3連戦で勝ち越し