2018.6.15 05:03(1/2ページ)

オリックス、広島3連倒&今季最多貯金3&パ単独3位!

オリックス、広島3連倒&今季最多貯金3&パ単独3位!

四回、右中間へ先制の二塁打を放った吉田正。初の交流戦で快調に打ち続けている(撮影・岩川晋也)

四回、右中間へ先制の二塁打を放った吉田正。初の交流戦で快調に打ち続けている(撮影・岩川晋也)【拡大】

 (セ・パ交流戦、オリックス8-2広島、3回戦、オリックス3勝、14日、京セラ)バットを振れば快音が響く。まるで打ち出の小づちだ。オリックス・吉田正が決勝打。若き大砲の一撃でセ・リーグ2連覇の広島を打ち負かし、チームは今季初の単独3位に浮上した。

 「(プロ)初めての交流戦なので、チームが勝てば一番うれしい。あしたからも3連勝できるようにがんばりたい」

 2夜連続でお立ち台に立ったヒーローは6連勝を宣言。力強い言葉で、ファンを沸かせた。打球も力強かった。0-0の四回一死二塁。広島・フランスアが投じた144キロの直球をとらえ、右中間へ先制の二塁打。左腕相手でもまったく苦にせず、八回にも左の中村恭から左中間二塁打。12試合連続安打で、交流戦期間中の打率は・393まで上昇した。

 大卒3年目にもかかわらず、4番にどっしり座る存在感。福良監督も「4番の働きをしてくれた。(吉田)正尚は左(投手)でも関係なく対応できる」と信頼を寄せ、チームも鯉相手に今季初の同一カード3連勝。「強いカープ相手に3連勝できたことは大きい」とうなずいた。

【続きを読む】

  • 3位浮上のオリックスは試合中のベンチもにぎやかだ
  • ヒップタットをするオリックス・吉田正、小田、武田(左から)=京セラドーム大阪(撮影・岩川晋也)
  • 5回、本塁打を放つオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 4回、適時打を放つオリックス・中島=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 4回、適時打を放ち、塁上で笑顔のオリックス・中島=京セラドーム大阪(撮影・岩川晋也)
  • 4回、オリックス・吉田正が右中間に先制の二塁打を放つ=京セラドーム
  • 4回、適時二塁打を放つオリックス・吉田正=京セラドーム大阪(撮影・岩川晋也)
  • オリックス・金子=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 先発のオリックス・金子=京セラドーム大阪(撮影・岩川晋也)
  • 4回、広島・フランスアのボークをアピールするオリックス・小谷野=京セラドーム大阪(撮影・岩川晋也)
  • ヒーローインタビューを受けるオリックス・大城と吉田正(左から)=京セラドーム大阪(撮影・岩川晋也)
  • ヒーローインタビューを終え、ファンとハイタッチのオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス、広島3連倒&今季最多貯金3&パ単独3位!