2018.6.14 08:00

【田尾安志 タイムリーCheck!】阪神、尾仲の交代遅すぎた

【田尾安志 タイムリーCheck!】

阪神、尾仲の交代遅すぎた

特集:
田尾安志 タイムリーCheck!
四回、レアード(手前)に3ランを浴びた尾仲。本紙専属評論家の田尾氏は継投の遅れを指摘

四回、レアード(手前)に3ランを浴びた尾仲。本紙専属評論家の田尾氏は継投の遅れを指摘【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム8-7阪神、2回戦、1勝1敗、13日、札幌D)打線に反発力が出てきただけに、惜しまれるのは交代機が遅れた四回の継投だ。大乱調の小野が西川に四球を与えて二死一、二塁となった場面で尾仲へのスイッチは悪くない。むしろ遅すぎたくらい。最近、いい働きをしていた尾仲の人選も間違いではない。

 ただ、状態が悪すぎた。捕手は懸命に外角へ構えているのに、肝心な球がすべて真ん中に入ってしまう。中田に、この回3本目の適時打を浴びた時点で交代させるべきだった。ドリス不在だから1人でも多く投げてほしい、という願望は理解するが、それでもこの日の尾仲は限度を超えていた。1人余分にレアードまで続投させた結果、致命傷の3ラン。本塁打の直前のファウルをみれば、コースさえ間違わなければ抑えられるのに、そのコースを間違えた。ベンチの判断ミスが悔やまれる。

 先発・小野も、制球難で崩れる光景を見せられるのは何度目か。今のままなら、そうチャンスはない。自分が打たれることは、チームの敗戦に直結し、チーム全体の生活を脅かす。そのぐらいの覚悟を持ってマウンドに立ってほしい。できる力を持っている選手だから、注文も厳しくなる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【田尾安志 タイムリーCheck!】阪神、尾仲の交代遅すぎた