2018.6.14 05:00

【ダンカン】初勝利意識!?阪神・尾仲に甘い算段

【ダンカン】

初勝利意識!?阪神・尾仲に甘い算段

特集:
ダンカン 虎の通信簿
4回、阪神・尾仲=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)

4回、阪神・尾仲=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム8-7阪神、2回戦、1勝1敗、13日、札幌D)俺は日本でただ一人の野球心理学者なのだ! その心理学者から見たら、本日の試合は実に面白い~!!

 四回2点リードとはいえ、それまで5四球の虎の先発小野を見切るのは当然!! そして、2番手は尾仲…。さあ、ここが俺の研究している野球心理学なのだ!! 阪神ベンチは尾仲を送ったが、未勝利の彼の頭の片隅には、このまま抑えれば勝利投手が…のどこか甘い算段が(自分でも意識していない)働いたのだ!!

 と、なれば自分のペースでイニングまたぎで放れる能見であったろう。

 一方、3点リードの九回の日本ハム。プロ初リリーフの有原をマウンドに送り、ポンポンと2アウトをとる。しかし、あと一つで勝利の、これまた目に見えない重圧から3安打を続けられ、あっという間に1点差に迫られたのだ。

 これを見ただけでも、野球における投手の心理は繊細だと分かるでしょう? だけど、ホントのコトを言うと繊細なんかどーでもええやろー!! で、再三の得点のチャンスに一発ぶちかましてくれる打者が阪神には欲しいんだよー!! 梅雨時にジトジト野球を研究させないで、スカーッと打ってくれー!!

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【ダンカン】初勝利意識!?阪神・尾仲に甘い算段