2018.6.14 05:01

ヤクルト連勝ストップ 中村欠場…山田哲はスタメン落ち

ヤクルト連勝ストップ 中村欠場…山田哲はスタメン落ち

特集:
山田哲人
5月30日のロッテ戦、2試合連続本塁打となるソロ本塁打を放つヤクルト・西浦

5月30日のロッテ戦、2試合連続本塁打となるソロ本塁打を放つヤクルト・西浦【拡大】

 (セ・パ交流戦、西武7-4ヤクルト、2回戦、1勝1敗、13日、メットライフ)交流戦首位のヤクルトは13日、西武2回戦(メットライフ)に4-7で敗れ、連勝が3で止まった。プロデビュー戦となった今井に6回5安打で、失策が絡んだ1点しか奪えず白星を献上。小川監督は「球威があったし、思ったより制球が良かった」と唇をかんだ。

 主力2人が先発を外れたのが痛かった。前日12日の同戦(大宮)で四回に頭部死球を受けた中村が大事を取って欠場。さらに同じ試合で一回、山田哲が二ゴロを処理した際に一走の源田と激しく交錯。その際に左腕を痛め、2016年8月23日以来、2年ぶりにスタメン落ちした。八回に代走で二盗を決めたが、得点にはつながらなかった。

 指揮官は2人について「あした(14日)にならないと分からない」と話した。交流戦残り5試合で4勝なら最高勝率。自力で頂点に立てるのは変わらないが、復帰が待たれる。 (横山尚杜)

試合結果へ

  • 昨日の頭部死球についてヤクルト・中村(手前)に詫びる西武・カスティーヨ=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 3回、ヤクルト・井野の内野安打と西武・山川の失策で生還する西浦=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 3回、ヤクルト・井野の内野安打と西武・山川の失策で生還するヤクルト・西浦=県営大宮球場(撮影・山田俊介)
  • 2回、得点に繋がる二塁内野安打を放つヤクルト・井野=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2回、二塁打を放つヤクルト・西浦=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2番手で登板したヤクルト・松岡=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 3番手で登板したヤクルト・風張蓮=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 4番手で登板したヤクルト・村中=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト連勝ストップ 中村欠場…山田哲はスタメン落ち