2018.6.14 21:50

日本ハム、中田の15号2ラン含む5打点で連勝「打った瞬間に入ったと思った」

日本ハム、中田の15号2ラン含む5打点で連勝「打った瞬間に入ったと思った」

6回、2点本塁打を放つ日本ハム・中田=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)

6回、2点本塁打を放つ日本ハム・中田=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム11-3阪神、3回戦、阪神2勝1敗、14日、札幌D)日本ハムが効果的に加点し、阪神に大勝し2連勝とした。2点リードの六回に中田翔内野手(29)が15号2ランを放つなど、2安打5打点と活躍。先発したニック・マルティネス投手(27)が7回6安打無失点と好投し、7勝目(4敗)を挙げた。阪神は2連敗。

 日本ハムは一回一死一、三塁で阪神の先発、秋山から中田が遊ゴロを放ったが、相手の遊撃手が一塁へ悪送球。三走が生還し、1点を先制した。五回には一死三塁から中島が左犠飛を放ち、2-0とした。

 日本ハムは六回、無死二塁から中田が15号2ランを放ち4-0とした。七回には一死二、三塁から大田が2点二塁打を放ち6-0。さらに一死一、二塁から中田が左越えに2点二塁打を放ち8-0とリードを広げた。

 阪神は八回、無死一塁から福留が5号2ランを放ったが、日本ハムはその裏、3点を追加するなど、11-3で大勝した。

 中田は「打ったのはカーブかな。うまく体が止まって振りぬけた。感触も良かったし、打った瞬間に入ったと思った」と15号2ランを振り返った。

試合結果へ

  • 6回、2点本塁打を放つ日本ハム・中田を出迎える日本ハム・栗山監督=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 7回、2点打の日本ハム・大田が二塁ベース上でおどける=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 6回、二塁打を放つ日本ハム・近藤=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 5回、犠牲フライを放つ日本ハム・中島=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム、中田の15号2ラン含む5打点で連勝「打った瞬間に入ったと思った」